eeldogの鰻犬堂日乗(mankendo diary)

日々のよしなきことどもをつづります。 クリックすると写真が大きくなります。

2017-05

子供にゃわからんタルコフスキー、もしくは人生はメロドラマ

新宿でタルコフスキー特集を上映している。
http://www.ks-cinema.com/movie/tarkovsky/

さっそく土曜日に行って、「ノスタルジア」と「惑星ソラリス」を見てきた。
「ノスタルジア」は何度目だろうか。
今回気付いたのは、天井の落ちた廃墟の教会をよく見ていると、非常にシンプルな装飾(というよりは装飾性を排除している)ところが、六田知弘さんの写真にあった、シトー会の教会(ル・トロネ修道院等)に似ているように見えた。
http://muda-photo.com/gallery/citeaux/

調べてみると、イタリア中部のシエナのそばにある「サン・ガルガーノ修道院」というそうで、やはり清貧を旨とし、虚飾を排すシトー会の建物であった。
http://www.tabitoscana.com/s.galgano.html

それは良いとして、「ソラリス」は数十年前に見たっきりで、なんとなくモノクロっぽいような、首都高速の映像が目に残るような映画だった。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%83%91%E6%98%9F%E3%82%BD%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%82%B9
しかし大人になってから見てみると、SFの枠組みを使いながら中身はまったくのメロドラマで、そこが格別に良かった。
ソラリスという不思議な惑星の作用で、亡くなった妻(らしきもの)がよみがえり、主人公は激しく感情移入してしまう。宇宙飛行士であり科学者である主人公は、それが妻であるわけはないことは理解しているのだが、感情は抑えられない。
そのあたりが、失われたものへの悔恨とか執着とか愛惜とかが入り乱れて、やっぱり子供のころはそのへんが分からなかったなー、とつくづく思った。
それと記憶ではかなりモノクロ映像が多かったように覚えていたが、改めて見ると、タルコフスキー得意の水の映像や、鮮やかな緑に目をとられた。
また、未来都市のイメージとして使われた東京の首都高速の映像であるが、いま見ると昔の町の様子が見られて、なんだか懐かしいばかりだった。
ちなみに、ノスタルジアの場合は、回想シーン等現実ではない場面はモノクロになるようであるが、ソラリスの場合は、回想と現実と幻覚が入り乱れるような趣であるが、モノクロになる場面は、回想ではなくて夜または暗くなったという意味のようである。
ちなみに疑似夜景の技法については、「アメリカの夜」というトリフォーの映画の開設に詳しい。
※タイトルの『アメリカの夜』(フランス語の原題「La Nuit américaine」の和訳)とは、カメラのレンズに暖色系の光を遮断するフィルターをかけて、夜のシーンを昼間に撮る「擬似夜景」のこと。モノクロ時代に開発されハリウッドから広まった撮影スタイルであるため、こう呼ばれた。英語では "day for night" と呼び、この映画の英語タイトルも「Day for Night」となっている。映画のカラー化により使えるシーンが減少し、機材やフィルムの感度が上がって夜間撮影が難しいものではなくなった現在では、この撮影方法はほとんど使われないことになっているが、丁寧に見ていればときどき見られる。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%81%AE%E5%A4%9C#.E6.A6.82.E8.AA.AC

そういえば、アンゲロプロスも壮大ではあるが、けっきょくはメロドラマだった。だからこそ良かったのではないかと思う。

2017021205.jpg

2017021206.jpg

2017021207.jpg

2017021208.jpg

ラスコー洞窟は狭かった(展示的に)。

先日、上野の科学博物館で開催中の「ラスコー洞窟展」へ行ってきた。
http://lascaux2016.jp/

2017021201.jpg

途中で、上野公園内の正岡子規記念球場を通りがかり
 春風や まりを投げたき 草の原
という句を見て、また名前である「昇」から「野球(のぼーる)」という雅号をつけていたこともあって、「正岡野球(まさおか のぼーる)」をひねって「さまおか のぼーる→Summerおか のぼる→夏岡野球(なつおか のぼる)」という自分用の雅号を思いついたが、野球に関心がないことを思い出して不採用とした。使いたい方がおられればご自由にどうぞ。


寄り道はこのくらいにして、久しぶりに科学博物館に入った。
当時の生活を説明するいろいろな発掘物やレプリカがあったわけだが、さて肝心の復元されたラスコー洞窟はどうかというと、案外コンパクトにまとめられていたのだった。
傑作と呼ばれる壁画が実物の洞窟を模した壁面に、原寸大で書かれているのだが、それが8面くらいあったろうか。たしかに見ごたえがあるが、若干もの足りなさもあった。
たしかにそれぞれの壁画には圧倒されるが、圧倒的なほどの量はなかった。
2017021202.jpg

さて、解説のなかに、しばらくぶりに再刊された「身振りと言葉」の著者、ルロア・グーランの言葉があった。
簡単にいうと、動物たちの描かれかたにある種のパターンが出てきていて、それはすでに一種の記号であり、そこから文字まではあまり距離がないということか。
2017021203.jpg

売店方面に出たら、休憩所にこの掲示があった。休憩所では互いに迷惑をかけないようにしましょう、というような内容であったが、どうもこの恐竜がお辞儀しているように見える。
たしかにこの種の掲示物では、ヘルメットをかぶった人がお辞儀をしたりしているが、それと同じ意趣なのだろうか。
ちょっと不思議なかんじではあった。
2017021204.jpg

耳掃除をやめる50の方法 50 ways to quite ear cleaning

タイトルはポール・サイモンの「恋人と別れる50の方法Fifty Ways To Leave Your Lover」をもじっただけで、実際はひとつだけなのだがww

いつのころからか、耳をほじくる癖がついた。
ときには出血してかさぶたができたりしたこともある。
さすがにこれはまずいと思い、やめようと思うが、なかなかやめられない。
調べてみると似たような人が多いようだ。

なぜかと調べてみたら、耳というのは繊細微妙な器官であり、神経が集中しているらしい。そして同様に性器にも神経が集中しているらしい。
さらにこんな話も見つけた。
(以下引用)
耳の穴というのは実は性感帯になっているのではないか、という説があります。
先にも述べたように、外耳道には耳垢腺という名のアポクリン腺があります。アポクリン腺が他にある場所としては腋窩と乳輪などが挙げられます。これらの場所はいずれも人間の性感帯でもあります。同じくアポクリン腺を擁する耳の穴も、性感帯の一種として働き、そこへの刺激は快感となるのではないか、という考えがあるのです。

http://www.3330.jp/cerumen4.htm

そうか、耳掃除が性感帯への刺激と同様であるならば(つまり「耳オナニー」ともいうべきものならば)、こっちにも考えがある。
つまり禁欲すればよいのだ。
ではもっとも直接的に禁欲するにはどうしたらよいか。物理的に不可能にすればよい。
つまり貞操帯を準備すればよい。

しかし、耳用の貞操帯はまず売っていないだろう(が、自信はない、いろんな趣味があるからね)。
で、耳をほじくれないようにするため、ティッシュを小さくちぎって丸めて耳に入れてみた。この上から絆創膏でも張れば完璧だろう。
しかし、そこまでしなくても、なんとなく充足感?がある。安心感もある。落ち着いたような気もする(音が聞こえにくいせいか?)。
これはむしろ貞操帯というよりも、耳タンポンとでもいうべきだろうか。別に名称に悩む必要もないけど。

同じ悩みがある方がいたら、どうしても我慢できないとき、ちょっと試してみてください。
耳とほじりまくりたいという欲望の波がピークを過ぎるくらいまでの時間(数分くらいかも)は我慢できました。

最近は音楽ばっかり

以前は仕事をしているふりをしてカメラと写真のことばかり考えていた。
でも最近は、音楽とギターのことばかり考えている。
しばらく前から、アコースティックギターがほしい気持ちになっていた。理想としてもTaylerのような、エレアコでシングルカッタウェイ、ボディは少し小ぶりの今風のギターがほしい。K・ヤイリもいいようだ。
それで楽器屋に行って弾いてみた。けっこう高いギター(俺にとっては)も試奏した。15万くらいになると、どの楽器もかなり良い。ネックの握りも力まずに済み、どれも最高にちかい。
しかし、なんだかしっくりこない。どうも音が上品すぎるような気がする。
つまり低音部がすっきりしすぎている。
今弾いているギターがヤマハの古いものだが、わりと低音が厚ぼったい音で、もともとベースを弾いていた俺にはなんだか好ましかった。中低音部にある程度ボリュームがほしい。

ということで、思い切って新宿の山野楽器に手持ちのアコースティックギターを調整に出してみた。
ネックとブリッジの調整と、フレットのすり合わせで、費用は1万円とちょっと。仕上がり具合はTaylerも斯くやという弾きやすさになっていた(当人比)。音も粒がそろってきたかんじ。
それ以来、ギターを弾くのが楽しくなって、暇さえあればギターから音を出していたい気持ちになっている。

そうなると音楽も聞きたくなる。最近はエルビス・コステロを改めて聞いている。
かつて聞いていたのは、アトラクションズと初めて組んだ2ndアルバムばかりだったが、1stを聞くと、これもけっこういい(というか曲はほとんど知っている)。
ちょっと驚いたのだが、バックバンドは、のちのヒューイ・ルイス&ニュースだという。いわれてみれば、そのように聞こえる。
コステロはもともとカントリーが好きだったりして、アメリカ音楽になじみがあるので、けっこうバッキングとしてはまったのだろう。
そういえば、ヒューイ・ルイスは、Bad is badという曲をやっているが、パブロックのデイブ・エドモンズもやっているので、なんとなく記憶に残っていた。
ロンドンにいたときに知り合いだったのだろうか。

まあ、カメラと写真から少し距離をおいているのは、老眼が進んで目で感ずる喜びが薄くなってきたからかもしれない。

認知症と読書

中野の早稲田通り沿いに、しばらく前に古書店できた。https://twitter.com/annaidocoro
中野といえば、ブロードウェー内にまんだらけをはじめとして、何軒か古書店があるが、そこではあまり買わずに、ここで買うことが多いような気がする。

先日入ってみたら作品社の日本の名随筆シリーズが大量に入っていた。ほぼ全冊あっただろうか(全200冊とのこと)。
さっそく手にとり値段を見たら、なんと300円だった。安すぎるように思うが。
いくつかほしいのがあって、結局6冊選んだ。あまり買い占めると他の人が楽しめなくなるから、このくらいにした。
会計のときにお店の人に、ずいぶん安いですねと聞いたら、
以前は500円が相場で、800円くらいの値付けをするものもあったのだが、最近は人気がないので、この値段だそうだ。
なにかさびしい話になったので、なぜ、今日この本を買ったのか、つい話してしまった。

母は認知症なので、短期記憶はほとんどない。しかし昔から読書は好きだったので、何か読むものを探したい、と子は思う。
いろいろ探した結果、日本の名随筆シリーズは認知症の人に向いているように思った。
理由は、一篇が短いので、忘れないうちに読み終えられる。また、ちょっと古い筆者が多いので、年寄りにはなじみがある。内容も渋めだからちょうどよい。
そもそも随筆だから、あまり重い内容ではない(そうであっても軽く書かれている)。若い人でも重い内容のものを読むには体力が必要だが、年寄りには難しい。
こんなふうに思うが、本人ではないので、どう思っているかはわからない。でも楽しんで読んでくれているようだ。

店を出てから思った。
認知症者向けの叢書をどこか出してくれないだろうか。
これからだいぶ需要があるように思うのだが。
必要な条件は上に述べてあるので、ぜひどこかでお願いしたい。

殺人ゲーム ポケモンGO


車中よりポケモンレーダー照射して ときに人の命をゲットす

http://www.asahi.com/articles/ASJDG53YFJDGUGTB009.html
ひき逃げ死亡事故「ポケGOしながら運転」 容疑者供述 2016年12月14日17時20分

 福島県相馬市で起きたひき逃げ死亡事故で、逮捕された容疑者が県警の調べに対し、「ポケモンGOをしながら運転していた」と供述したことが分かった。福島地検は12日、この容疑者を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死)と道路交通法違反(ひき逃げ)の罪で起訴した。
(中略)
 県警によると、被告のスマホを解析したところ、事故直前にポケモンGOを操作していた履歴が残っていたという。

2016112609.jpg

飯田橋くらら劇場

飯田橋の名画座、ギンレイホールのわきにポルノ映画館があって、でも人もあまり入っていなさそうだった。
先日通りがかったら、閉館したようだ。
2016112605.jpg

2016112606.jpg

2016112607.jpg

田中長徳さんのこと

先日、神田明神そばのギャラリーで田中長徳氏の写真展を見た。
若かりし頃のプラハの写真はモノクロであっても、色彩が感じられるようなはつらつとしたものであったが、近年のはなにか物憂げであった。
好きな写真家なので、ちょっと寂しくなりました。

2016112601.jpg

2016112602.jpg

2016112603.jpg

2016112604.jpg

富山治夫さんのこと

写真家の富山治夫さんが亡くなった。

かなり以前、直接お話をうかがう機会があったので、そのことを思い出して書いてみる。
・富山治夫さんといえば「現代語感」が名高い。この時の執筆陣は、大江健三郎氏、安部公房氏、飯沢匡氏、井上光晴氏ら、錚々たるメンバーだった。
http://www.tomiyamaharuo.com/japanese/essay_tomiyama.html
執筆陣の文章に負けない写真を撮るために、毎回知恵比べをするような楽しみがあったそうだ。
この企画にはかなり力を入れて取り組んでいたということで、例えば、ライオンの写真を撮るため、襲われる危険性があるにもかかわらず(飼育員は大丈夫だと言ってはいるが)、車外に出て、かなり近寄って撮影したそうだ。
http://blog.canpan.info/tomiyama/archive/104
ここにご本人からの言葉があるが、直接お話ししたとき、広角レンズの画角から、どうしても車内からは撮れないはずだと思って質問したら、そのような答えが返ってきた。
・いろいろな写真集があるが、ちょっと面白いのが創価学会関係のもの。別に富山氏が学会員でもかまわないのであるが、そのへんを聞いてみたら、創価学会のギャラは異例に高額なのだそうだ。だから、依頼された仕事はきちんとこなし、ギャラをたくさんいただいて、自分の好きな写真を撮るという考えであったとのこと。それはそれでいいのではないかと思った。
他には石元泰博氏や立木義浩氏も、学会関係の写真集を撮影しているが、同じような考えなのだろう。
・若いときはなかなか苦労もあった(写真は独学)という。しかし、写真の腕は若いころから確かだったらしく、写真コンテストでは入賞してよく景品を手に入れていたという。
そのころはカメラメーカー主催?の写真コンテストが多く、賞品がカメラであることが多かったが、それらのカメラはすぐに売り払って、生活の足しにしたり、ほしいカメラの資金にしたという。
・デジタル写真については、かなり早い時期からかかわっていた。一口にデジタル写真といっても、何をもってそう言うのか等あいまいなところが多く、なにかの規約?ガイドライン的なものがあるべきというような話だった記憶がある。
・全体に、かなりダンディで若々しい感覚の方だった。ご自宅近くの北新宿を撮影した写真は、失礼ながらお年からは想像できないような非常にモダンなものだった。その時もかなりのお年だったが、現役感があって「最近は大家だとかいかぶられて仕事が少なくなって困る。依頼があれば、どんどん仕事は受けるのだが」などと言っておられた。

ご冥福をお祈りいたします。
人気ブログランキングへ

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

     

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

鰻犬堂

鰻犬堂

FC2Ad