eeldogの鰻犬堂日乗(mankendo diary)

日々のよしなきことどもをつづります。 クリックすると写真が大きくなります。

2018-07

Windows10でwindows updateしたらOffice2013が不調になった件について

例によって、というのが枕詞につくくらいwindowsの定期updateはちょくちょくトラブルを引き起こすのであるが、今回けっこう苦しんだので、書き留めます。
どなたかの参考になれば幸いです。

DELLのデスクトップPC(7→10に更新済み)を使用していたが、今年初めの大規模update1709でつまづいた。
自動的にインストールするが、完了せず、元に戻るというのを夜毎に繰り返すので、自動更新を延期したまま使っていた。
他のマシンで、update1803でつまづいたが、「クリーンブート」するとうまくいく時があるとのことで、それを実施、成功。
これを踏まえて、DELL機をクリーンブートし、1709を適用したら無事成功。そのまま1803に自動的に進んだ。
1803終了とのことで、PCを操作しようとしたらHDDが100%使用になり、作動が重い。
いろいろやってみたが、改善せず。
とりあえず、wordを起動したところ「作業ファイルを作成できません。環境変数 TEMP の設定を確認してくださいのエラー」とか言い出した。ksg
ちなみにexcelは通常通り起動した(が、後で試みたらエラーメッセージを吐いてたな)。Outlookはwordと同じ。
つまり起動するが操作できない(wordの場合は、ファイルは開いても保存できなかった)。

解決策を探すと、まれによくある事象らしい。
すなわち対策を施す。いろいろやったが、これがうまくいった。理由はわかりません。
http://s-zenba.blog.so-net.ne.jp/2016-06-06 より引用しております。ありがとうございます。

1. Internet Explorer の一時ファイルの場所を再指定する。
→これだけ?では効果なし。
2. レジストリ エディター regedit.exe を用いて、以下のキーの Cache エントリーのデータ設定をし直す。
→効果あり。具体的にはこんな感じでした。
①まず、ここまで開く。↓
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion
\Explorer\User Shell Folders
②chacheを開く。ここで「値のデータ」をよく見ると、ユーザーフォルダーのユーザー名指定がなぜか他のユーザー名になっていた。例えば、
C:\Users\taro\AppData\Local\Microsoft\Windows\INetCache のはずが、
C:\Users\jiro\AppData\Local\Microsoft\Windows\INetCache になっていた。
さっそくjiroをtaroに入力しなおしたところ、問題が解決した。
なんでユーザー名が入れ替わったのか、原因はよく分からんが、これで良しとしました。

ちなみに、問題発生時にいろいろ確認したところtaroでログイン時に問題は起きていたが、jiroでログイン時には問題なく起動していた。
ユーザーフォルダーの再構築を先行しようと思ったが、けっこう手間なので、まずは上の書いたやり方で試みました。

じつは、このやり方にたどり着くまで、
・クリーンブート→解決せず
・上書きインストール→解決せず
・ユーザーフォルダー再構築→解決せず。ドメインユーザーなので、いろいろわからん状態になって失敗。
・直前に作っておいたシステムイメージからのHDD復旧
→クリーンブートからやり直ししてまた失敗
というわけで、2,3日苦しみました。

こういうことに苦しむのは、なんだか馬鹿らしいわけではある。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eeldog.blog12.fc2.com/tb.php/964-efba5220

人気ブログランキングへ

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

     

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

鰻犬堂

鰻犬堂

FC2Ad