FC2ブログ

eeldogの鰻犬堂日乗(mankendo diary)

日々のよしなきことどもをつづります。 クリックすると写真が大きくなります。

2018-11

小さくて美しい本

先日、横浜美術館で石内都展を見てきた。
なかなか言葉にしがたいのだが、行ってよかったと思う。けっして自分から写真集を買おうと思ったりするタイプの写真家ではないのだが、今回は行かなくてはならないという気持ちがあり、多少無理して時間を作ったが、行って正解だった。

横浜美術館のグッズ売り場に行くと、関連する写真集など、さまざま置いてあった。見ていると、lixil出版の「背守り」という本があった。
しばらく前だが、これをテーマにした展示があるという記事を見て、行きたいと思ったまま忘れていたことを思い出した。
手にすると、写真展で魅かれた半纏の写真があり、それがどういう意図のものであるか記されていた。というか、この展示の写真は、石内都が撮影したものだった。
さっそく買って帰ったが、美しく、内容も切々たるものがあり、解説も充実していて、とてもいい本です。めぐり合ってよかった。

このへんを見ていたら、似たような小さな本を思い出した。
アラーキーには名作写真集がいろいろあるが、なぜか好きなのが河出書房新社の「花の町」である。解説は田村隆一で、これがまた良い。

共通点は、おれが好きな本であること以外、あまりないが、どちらもしみじみとしたいい本だと思っている。
機会があれば、多くの人に手にとってもらいたい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eeldog.blog12.fc2.com/tb.php/961-f2d465de

人気ブログランキングへ

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

     

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

鰻犬堂

鰻犬堂

FC2Ad