eeldogの鰻犬堂日乗(mankendo diary)

日々のよしなきことどもをつづります。 クリックすると写真が大きくなります。

2017-05

バベルの塔(ブリューゲル)は、神の怒りがなくても崩れる。

先日、上野の都美術館でブリューゲルの「バベルの塔」(ボイマンス美術館所蔵)を見てきた。
http://babel2017.jp/
藝大でCG化した映像、およびそれを使った拡大模写版バベルの塔も見ごたえがあってよかった。

ところで、このバベルの塔の絵を見ていて気付いたのだが、この塔は、画面右側に河口もしくは港らしきものがあり、かなり水際まで土台部分が迫っている。
また、よく見ると画面下部中央右側に、塔内に入り込む水路らしきものが見える。
こんな水際に巨大な塔を建てたら地盤が軟弱で、じきに不等沈下を起こしそうである。
下部が傾いたら、ピサの斜塔のように全体が傾き、いずれは崩壊しただろう。
※と思ったら、似たようなことを考えた方がおられたのでURLをはります。
https://www.s-thing.co.jp/column/cat333/post_38.html

また、大友克洋が塔の内部(断面図)を描いているが、塔の構造を内部に空間のある円筒形で想定していた。
http://www.asahi.com/articles/ASK4761G7K47UCVL02M.html

塔本来の目的は高さを追求することにあるのだろう。
高さ自体によって、遠方の見張りであるとか、権勢の誇示などができる。
例えば日本の五重塔の内部空間は、使い道があるのだろうか。あまりなさそうな気がする。

しかし、ブリューゲルのバベルの塔の場合、あれだけ巨大な建築物であれば内部空間の活用を考えるかもしれない。現に作品では教会らしきものも描き込まれている(大友克洋)。
もし内部空間を使いたいとなれば、奥の方は日が差さないので照明が必要になるが、電気がない時代なので人工的な照明には限界がある。
となると、内部を空洞にすることにより建物の下や中まで、日が届くようにしそうではある(なんとなくローマのパンテオンの天井の丸窓を連想している)。

ちなみに大友克洋の断面図では、塔の内部に水路が入り込んでいた。大水や嵐のときには水が入り込んで、塔の躯体自体が相当の損傷を受けるだろう。
ということは、神の怒りがなくてもいずれ塔は崩壊する、かのようにブリューゲルは描いたのではないかと思ったりした。


ところで、この作品を見ていると、なんだか不思議な気持ちになってくる。
というのは、塔の中層辺りをみていると、どうにも立体感と現実感のある描写で、不思議な現実感がある。
その現実感は、額縁の向こう側にも、つまり絵の世界の中にも、こちら側とは違う別の世界が確かに存在しているという印象を持たせるものだ。
たとえて言えば、額縁を窓として、塔のある風景を見ているようなかんじだろうか。
絵であることを知りながらも、しかもあきらかに額縁の向こうにも世界の実在を感じさせるところが傑作のゆえんか。
会期もまだあるので、もう一度見たい気がする。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eeldog.blog12.fc2.com/tb.php/935-28740622

人気ブログランキングへ

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

     

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

鰻犬堂

鰻犬堂

FC2Ad