eeldogの鰻犬堂日乗(mankendo diary)

日々のよしなきことどもをつづります。 クリックすると写真が大きくなります。

2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラスコー洞窟は狭かった(展示的に)。

先日、上野の科学博物館で開催中の「ラスコー洞窟展」へ行ってきた。
http://lascaux2016.jp/

2017021201.jpg

途中で、上野公園内の正岡子規記念球場を通りがかり
 春風や まりを投げたき 草の原
という句を見て、また名前である「昇」から「野球(のぼーる)」という雅号をつけていたこともあって、「正岡野球(まさおか のぼーる)」をひねって「さまおか のぼーる→Summerおか のぼる→夏岡野球(なつおか のぼる)」という自分用の雅号を思いついたが、野球に関心がないことを思い出して不採用とした。使いたい方がおられればご自由にどうぞ。


寄り道はこのくらいにして、久しぶりに科学博物館に入った。
当時の生活を説明するいろいろな発掘物やレプリカがあったわけだが、さて肝心の復元されたラスコー洞窟はどうかというと、案外コンパクトにまとめられていたのだった。
傑作と呼ばれる壁画が実物の洞窟を模した壁面に、原寸大で書かれているのだが、それが8面くらいあったろうか。たしかに見ごたえがあるが、若干もの足りなさもあった。
たしかにそれぞれの壁画には圧倒されるが、圧倒的なほどの量はなかった。
2017021202.jpg

さて、解説のなかに、しばらくぶりに再刊された「身振りと言葉」の著者、ルロア・グーランの言葉があった。
簡単にいうと、動物たちの描かれかたにある種のパターンが出てきていて、それはすでに一種の記号であり、そこから文字まではあまり距離がないということか。
2017021203.jpg

売店方面に出たら、休憩所にこの掲示があった。休憩所では互いに迷惑をかけないようにしましょう、というような内容であったが、どうもこの恐竜がお辞儀しているように見える。
たしかにこの種の掲示物では、ヘルメットをかぶった人がお辞儀をしたりしているが、それと同じ意趣なのだろうか。
ちょっと不思議なかんじではあった。
2017021204.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eeldog.blog12.fc2.com/tb.php/926-c5e777a9

人気ブログランキングへ

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

     

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

鰻犬堂

鰻犬堂

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。