eeldogの鰻犬堂日乗(mankendo diary)

日々のよしなきことどもをつづります。 クリックすると写真が大きくなります。

2017-11

認知症と読書

中野の早稲田通り沿いに、しばらく前に古書店できた。https://twitter.com/annaidocoro
中野といえば、ブロードウェー内にまんだらけをはじめとして、何軒か古書店があるが、そこではあまり買わずに、ここで買うことが多いような気がする。

先日入ってみたら作品社の日本の名随筆シリーズが大量に入っていた。ほぼ全冊あっただろうか(全200冊とのこと)。
さっそく手にとり値段を見たら、なんと300円だった。安すぎるように思うが。
いくつかほしいのがあって、結局6冊選んだ。あまり買い占めると他の人が楽しめなくなるから、このくらいにした。
会計のときにお店の人に、ずいぶん安いですねと聞いたら、
以前は500円が相場で、800円くらいの値付けをするものもあったのだが、最近は人気がないので、この値段だそうだ。
なにかさびしい話になったので、なぜ、今日この本を買ったのか、つい話してしまった。

母は認知症なので、短期記憶はほとんどない。しかし昔から読書は好きだったので、何か読むものを探したい、と子は思う。
いろいろ探した結果、日本の名随筆シリーズは認知症の人に向いているように思った。
理由は、一篇が短いので、忘れないうちに読み終えられる。また、ちょっと古い筆者が多いので、年寄りにはなじみがある。内容も渋めだからちょうどよい。
そもそも随筆だから、あまり重い内容ではない(そうであっても軽く書かれている)。若い人でも重い内容のものを読むには体力が必要だが、年寄りには難しい。
こんなふうに思うが、本人ではないので、どう思っているかはわからない。でも楽しんで読んでくれているようだ。

店を出てから思った。
認知症者向けの叢書をどこか出してくれないだろうか。
これからだいぶ需要があるように思うのだが。
必要な条件は上に述べてあるので、ぜひどこかでお願いしたい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eeldog.blog12.fc2.com/tb.php/923-215ce547

人気ブログランキングへ

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

     

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

鰻犬堂

鰻犬堂

FC2Ad