eeldogの鰻犬堂日乗(mankendo diary)

日々のよしなきことどもをつづります。 クリックすると写真が大きくなります。

2017-05

富山治夫さんのこと

写真家の富山治夫さんが亡くなった。

かなり以前、直接お話をうかがう機会があったので、そのことを思い出して書いてみる。
・富山治夫さんといえば「現代語感」が名高い。この時の執筆陣は、大江健三郎氏、安部公房氏、飯沢匡氏、井上光晴氏ら、錚々たるメンバーだった。
http://www.tomiyamaharuo.com/japanese/essay_tomiyama.html
執筆陣の文章に負けない写真を撮るために、毎回知恵比べをするような楽しみがあったそうだ。
この企画にはかなり力を入れて取り組んでいたということで、例えば、ライオンの写真を撮るため、襲われる危険性があるにもかかわらず(飼育員は大丈夫だと言ってはいるが)、車外に出て、かなり近寄って撮影したそうだ。
http://blog.canpan.info/tomiyama/archive/104
ここにご本人からの言葉があるが、直接お話ししたとき、広角レンズの画角から、どうしても車内からは撮れないはずだと思って質問したら、そのような答えが返ってきた。
・いろいろな写真集があるが、ちょっと面白いのが創価学会関係のもの。別に富山氏が学会員でもかまわないのであるが、そのへんを聞いてみたら、創価学会のギャラは異例に高額なのだそうだ。だから、依頼された仕事はきちんとこなし、ギャラをたくさんいただいて、自分の好きな写真を撮るという考えであったとのこと。それはそれでいいのではないかと思った。
他には石元泰博氏や立木義浩氏も、学会関係の写真集を撮影しているが、同じような考えなのだろう。
・若いときはなかなか苦労もあった(写真は独学)という。しかし、写真の腕は若いころから確かだったらしく、写真コンテストでは入賞してよく景品を手に入れていたという。
そのころはカメラメーカー主催?の写真コンテストが多く、賞品がカメラであることが多かったが、それらのカメラはすぐに売り払って、生活の足しにしたり、ほしいカメラの資金にしたという。
・デジタル写真については、かなり早い時期からかかわっていた。一口にデジタル写真といっても、何をもってそう言うのか等あいまいなところが多く、なにかの規約?ガイドライン的なものがあるべきというような話だった記憶がある。
・全体に、かなりダンディで若々しい感覚の方だった。ご自宅近くの北新宿を撮影した写真は、失礼ながらお年からは想像できないような非常にモダンなものだった。その時もかなりのお年だったが、現役感があって「最近は大家だとかいかぶられて仕事が少なくなって困る。依頼があれば、どんどん仕事は受けるのだが」などと言っておられた。

ご冥福をお祈りいたします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eeldog.blog12.fc2.com/tb.php/918-fef01271

人気ブログランキングへ

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

     

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

鰻犬堂

鰻犬堂

FC2Ad