eeldogの鰻犬堂日乗(mankendo diary)

日々のよしなきことどもをつづります。 クリックすると写真が大きくなります。

2017-08

Tweetはさえずりか、つぶやきか

TwitterというショートメッセージをベースにしたSNSがある。元になっている動詞tweetはOEDによれば、以下の通り。
a. trans. Of a bird: to communicate (something) with a brief high-pitched sound or call, or a series of such sounds. Also in extended use. Freq. with direct speech as object.
(他動詞)鳥に関するもので、短い高い音や連続音で意思伝達するとある。だからTwitterのアイコンは鳥になっている。
他の方もすでにいろいろ書いているが、Twitterは「つぶやき」ではなくて「さえずり」ではないかという話がある。
一般に「つぶやき(呟く)」は、「小さい声で独り言を言う」という意味である。
また「さえずり(さえずる)」は、「小鳥が鳴くこと」「(女子供が)ぺちゃくちゃと、(意味のあまりないことを)しゃべること」という意味である。
tweetの意味からすると、意思伝達の意味が大きいようだ。つまり一人ではなく複数のやり取りが前提となっている。そこで鳥に関係し、また複数でのやり取りが関わるという意味で「さえずる」がどちらかといえばより訳語として該当する。
「つぶやく」というのは、基本的に他者を前提していないので、言葉の趣きがだいぶ違うようだ。
よって一種の誤訳もしくは恣意的な訳ではないかという考えが出てくる。

ここでちょっと考える。
しばらく前からNHKニュースなどでtweetされたコメントを表示することがある。9割はほぼ無用無意味であり、わざわざ口にするほどでもなく、ましてSNSに書き込むようなものでもない。
しかし独り言(つぶやき)であるとすれば、もともと他者に向けた言葉ではないのだから、大した意味がないのは当然であろう。
独り言に対して、基本的にレスポンスはしないのであるが、もしするとすればやはり独り言的なものとなるだろう。
SNSにはSocialという言葉が含まれているが、「つぶやき」という言葉には社会性・socialな意味は感じられない。あるとしたらごく一部の身内、仲間内が対象になるだろう。
ところで一時、Twitter上に自分の悪ふざけを公開して、かえって自分のことを暴き立てられたということが続いた(今もか)。
あれは、発想が内向きだからとか、SNSの原理を知らないからだとか言われているが、名称の問題もあるのではなかろうか。
さえずれば遠くまで聞こえる。しかしつぶやきだったら静かにやれば誰も気づかないはず(原理的に無理だけど)。その辺の勘違いが一因のような気もする。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eeldog.blog12.fc2.com/tb.php/912-1e04a23d

人気ブログランキングへ

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

     

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

鰻犬堂

鰻犬堂

FC2Ad