eeldogの鰻犬堂日乗(mankendo diary)

日々のよしなきことどもをつづります。 クリックすると写真が大きくなります。

2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とめどなき老人化と幼児化

しばらく前から文藝春秋(本誌)を開くたびに、「なんでこんなに字が大きいのだろう」と思って、読む気がしなくなっている。
行間が広くなった分も含めると、かつてと比べてページあたりの文章量はそうとうに落ちているだろう。巻頭の随筆など、ずいぶん薄味になった。
最低限のボリュームが確保されないと、書きにくい事柄もあるだろう。主たる読者層が年老いているのだろうが、同時に文章量も落ちて、おつむの具合も落ちているのかもしれぬ。
また、最近できたような新しいヨーカドーに行くと、エスカレーターがちょっと驚くほど遅い。
これも買い物に来る年寄りに合わせているのだろうが、遅すぎて乗り降りのときに毎回戸惑う。
なんだか世の中が怒りっぽいような雰囲気をかんじるが、これも社会が高齢化しているからのようにも思う。
年とってきて分かったが、若い時のようにいつも快調というわけではなくなってくる。だからなんとなく不機嫌になって、いろんなことに対して面白くなくなるんだろう。

一方、先日近所のスーパーで握りずし寿司を買ってみた。
スーパーで出来合いの総菜を買うことなど、最近なかったせいか、なんだか急に買いたくなってしまった。
さて食べようとすると、生姜の小袋のほかに、ワサビの袋もついている。ワサビの追加だろうかと思ったが、ひょっとしてとおもってネタをはがしてもみたら、すべてサビ抜きだった。
スーパーのお寿司にいっても仕方がないのかもしれないが、ワサビまで含めてのお寿司が普通で、さび抜きというのはわざわざ頼むようなもののはずだったのだが、スーパーではむしろそれが基本か。

だからといってこのくらいで世を嘆くこともないのだが、居心地が悪いこともたしかだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eeldog.blog12.fc2.com/tb.php/908-15d11f36

人気ブログランキングへ

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

     

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

鰻犬堂

鰻犬堂

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。