eeldogの鰻犬堂日乗(mankendo diary)

日々のよしなきことどもをつづります。 クリックすると写真が大きくなります。

2017-06

デジカメは魂を…、以下(r

デジカメは魂(命)を吸い取るか。
整理するとこういうことだな。

フィルムというケミカルに注目すると、魔術に通じる錬金術の子孫である化学と離れれば、つまりデジタルになると魂を吸い取らない。
一方、似姿に魂が分与されると考えるならば、銀塩でもデジタルでも関係ないとなる。
さて、両者をあわせて考えるとどうなるか。

今日は疲れたので、この続きはまた明日。

と思ったが、もう少し良く考えてみます。


さて、後日、この件だが、こう考えた。
銀塩の場合、光に反応して像が残るのは、自然科学の範疇である。そして、自然科学について、人はその本質に近づくことは出来るが、本質をつかむことは出来ない。なぜなら、それは人の都合ではなく自然の都合でそうなっているのであるから。つまり人の領域を離れている。

一方、デジの場合、人が作ったもの。つまり、人の理性による被造物である(自然は、人ならぬもの(神?)の被造物)。よって、どこまでいっても理性から逃れることは出来ない。理性を超えたデーモニッシュなものにはなかなか近づけない。

ということで、デジの場合はちょっと難しいかな、と。

ただし、銀塩の場合でも、生まれたときからカメラがある環境で育つと、魂を吸い取られるとは思わなくなる。しかし、撮る人が撮れば、やはり吸い取ることもあるだろう。
同様に、デジの場合も、撮る人が撮れば、そうなるかな。
はなはだ尻すぼみで申し訳ない。というか、ちょっと考えがまだ浅いね。

さらに追加すると、写真は、奇跡であり続けるか、否かという問題だね。
奇跡は、その理由は人知でとらえがたいが、人に投げかけられるものだからね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eeldog.blog12.fc2.com/tb.php/83-ea091f78

人気ブログランキングへ

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

     

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

鰻犬堂

鰻犬堂

FC2Ad