eeldogの鰻犬堂日乗(mankendo diary)

日々のよしなきことどもをつづります。 クリックすると写真が大きくなります。

2017-11

「エレニの帰郷」(新宿バルト9)、見てよかった。

今日は雪なのであるが、急に思い立って「エレニの帰郷」を見に出かけた。
アンゲロプロス監督の映画を封切で見ることはこれまでもなかったし、これで最後だろうから、やはり行かねばと思ったのだった。
映画館に着いたときには予告編が始まっていてかなり焦った。切符売りのお姉さんからひったくるようにお釣とチケットを持ってきたが、席を決めるときに的確にアドバイスしてくれたおかげで、よい席で見られました。ありがとう、そしてごめんなさい。

映画の内容は、現在上映中なので詳しく書かないが、やはり見てよかった。前作である「エレニの旅」は、かなりメロドラマになっていて、今作もおそらくそうなので、それでためらうところもあったのだが、それはそれでよい。
アンゲロプロスの特徴である時間の移動(遡ったり、現代にもどったり)も整理されていて戸惑うところはなかった。
終わり方も、なにか救いがあるようであれでよかったと思う。
アンゲロプロスはこの次の作品を制作中に交通事故死したのであるが、この作品も最終作にふさわしいと思う。
そのうち「エレニの旅」と「エレニの帰郷」を二本立てで見たいが、また熱を出すかもしれぬ。


【2014.6.18追記】
「かなりメロドラマ」と書いたが、考えてみれば「旅芸人」の劇中劇「羊飼いの少女ゴルフォ」自体が悲恋のメロドラマだった。もともと監督自体の気質がメロドラマなのだから、最後の作品もそうなって何の不思議もない。
ということで、機会があれば何度でも見たい作品です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eeldog.blog12.fc2.com/tb.php/815-143eb426

人気ブログランキングへ

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

     

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

鰻犬堂

鰻犬堂

FC2Ad