eeldogの鰻犬堂日乗(mankendo diary)

日々のよしなきことどもをつづります。 クリックすると写真が大きくなります。

2017-10

2014.1月22日付朝日新聞記事 日本版エル・システマ、福島で「進化」

この記事、震災被災地ということでエル・システマが相馬市で活動を開始して、それなりに成果が出てきたことをとりあげている。
http://www.elsistemajapan.org/index.html

それはまあいいのだが、この記事では背景になっている大事なことが抜けている。
そもそも、相双近辺はさまざまな音楽がいろいろなかたち盛んである。古いところではピアニストの荒憲一氏とか。
学校単位の活動を見ても、人口が少ないわりにはこの表のように全国レベルでの入賞も多い(とくに向陽中学校とか)。

だから、相馬の人にとっては、もともと盛んだった音楽活動のバリエーションが増えたというかんじであって、それ自体はとてもありがたいことではあるのだが、もともとなかったものがエル・システマによって実現したということではないだろう。
それは、エル・システマジャパン代表理事・菊川穣氏の言葉からも分かる。
「相馬市が選ばれた理由は主に二つあります。
災害からの復興・発展に向けた自治体の取り組みとして、子どもたちの心のケアと教育に積極的に取り組んでいたこと。
そして、もともと民謡や音楽が盛んな風土の中で、この事業についても積極的に関心を寄せてくれた市内音楽関係者が官民問わず複数いたことです」。

そのへんへの言及がないと、この記事ではあたかもエル・システマが音楽的な下地のない地域にやってきて成功したように読めるが、現実はそうではない。
ベネズエラで展開されてきた本来の趣旨からいうと、エル・システマはもっと震災の被害が大きく、しかも音楽がそれほど盛んではない地域で実施されるべきであったと思うが、成功の見込みが強いところを第一号にしたというところだろう。

まあ、ぜんたいにずいぶんテキトウに書いた記事(高久潤記者)だなと思います。
もらった資料をもとに、ちょっとコメントもらってまとめましたという程度かなと。

ところで俺の予想では、相馬市でのエル・システマの活動について小学生の時期は熱心だろうが、中学に入ると音楽好きの子はおそらく指導者もそろい、実績もあり、先輩もいて友だちとのつながりも強い、その中学校の吹奏楽部等に入ってしまい、エル・システマの活動は手薄になるだろう。ここをどう乗り越えていくかというところが今後の成否にかかわるのではないか。
記事中に「中学に入ると部活や勉強で忙しくなり1ヶ月休んだ」とあるが、人によってはこの部活が中学の吹奏楽であったりする可能性は高いと思う。

関係ないけど、一般社団法人エル・システマジャパン代表理事菊川穣 氏は、ある意味有名な?「日本ユニセフ」出身(ちなみに「ユニセフ東京事務所」のほうが国連機関であって、日本ユニセフは民間団体)なので、そのへんもちょっとアレなかんじではある。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eeldog.blog12.fc2.com/tb.php/812-3cf8eccd

人気ブログランキングへ

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

     

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

鰻犬堂

鰻犬堂

FC2Ad