eeldogの鰻犬堂日乗(mankendo diary)

日々のよしなきことどもをつづります。 クリックすると写真が大きくなります。

2017-05

渋谷区松濤美術館にて六田知弘写真展「3・11 時のイコン」開催(1月18日~2月2日)

以前何度か書いたが、写真家六田知弘さんの写真展「3・11 時のイコン」が渋谷区の松濤美術館で開催される。
先日平凡社から写真集が出たばかりでもあり、心ある方にぜひ見てもらいたいものです。

とは言いながら、今週~来週はアンゲロプロスの映画を見るのが忙しいので、月末くらいに行こうかと思っています。

ところで、六田さんのblogの記事、2014.01.17 松涛美術館 「時のイコン」がはじまります。 に注目すべき文章がある。
「そのときモノたちが私に向かってある波動を発していて、その波動を私のなかの受信機が受信して、それをカメラで記録した。その記録されたものを見て綺麗だと感じるのなら実際綺麗と感じさせる要素がそのモノの中に存在したということなのでしょう。これらの写真は私の美意識の表現だというつもりはありません。ですからこれを「アート」だと主張するつもりないし、人からアートと捉えられてもそうでなくても私にとってはどっちでもいいのです。ただひとつ、これは物理的現象を写すカメラという機械を介して初めて成立する、私が愛する「写真」という行為の一つのかたちだということだけは疑いありません。」

写真は単なる記録の具なのか、はたまた芸術の一端に居場所があるのか、いろいろと話はあるが、すべてに先立ち確認しなければならないのは、写真は「物理的現象を写すカメラという機械を介して初めて成立する」ということである。
カメラが機械であることによる限界もあるが、しかし機械だからこそ写しえたものもあるだろう。機械であるということは、人の思惑を越えて、人の気付かないものまでカメラは撮影してしまうことがあるということだ。今回の写真展では、震災瓦礫が図らずも美しさにつながるという事態に撮影者が戸惑うということだろうが、写真とはたぶんそもそもそういうものだ。
(悲惨な)現実を写しながら、しかしときに現実を越えてしまう(美を見出してしまう)。

現実を越える写真がありうるというところから、シュールレアリズムにつながっていくのが大辻清司であり、牛腸茂雄畠山直哉に受け継がれていくと思うのだが、この話はまた別になるのでここでは書かない。

関連するリンク
六田知弘写真展「3・11 時のイコン」
六田知弘写真展「3・11 時のイコン」-2
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eeldog.blog12.fc2.com/tb.php/810-08bcb601

人気ブログランキングへ

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

     

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

鰻犬堂

鰻犬堂

FC2Ad