eeldogの鰻犬堂日乗(mankendo diary)

日々のよしなきことどもをつづります。 クリックすると写真が大きくなります。

2017-09

湯本よいとこ。春にはいちめんのなのはな

母を連れて、震災以来双葉郡から引っ越した叔母の住むいわき市に行ってきた。
ついでに母の兄弟姉妹に声をかけたら全員来るという(最年少が75歳なのに)。
泊まるところを探していたら、温泉のある湯本が良さそうなので、温泉つきのホテルを予約した。

ホテルで聞いた話では、震災後再開するホテルには補助金が出たが、そうでなければそのまま廃業したところもある。また、観光で再開したホテルばかりではなく、復興作業者のための宿舎となっているホテルも多い。しかしそのような場合、一般の客とは一緒にできないから、どうしてもそれ専用になる。というのも、原発作業員と同じところに観光客を泊めるというのもできないからだという。

泊まったホテルは観光一本でやっていて、屋上には露天風呂もある。夜行ってみたら月が出ていて最高だった。平日ということもあって、月見の風呂を一人占めにした(ちょっと寒かったけど)。
いろいろと面倒見の良いホテルでした。

叔母、叔父たちは温泉に入りつつ、積もる話に興じていた。
次回はなさそうに思うが、みな幸いなことに元気なので、また集まることになるかもしれない。


2013112600.jpg
原発が近いので、やはり気にかかる。

2013112601.jpg
いわき駅前


2013112602.jpg 2013112603.jpg

2013112605.jpg 2013112607.jpg
けっこう山がちなところです。


2013112606.jpg
山村暮鳥「いちめんのなのはな」は湯本時代の作品。好きな詩だな。

2013112608.jpg
温泉の噴出元からこのタンク経由でホテルに配給しているらしい。ちなみに湯本の役場の敷地内。やはり湯本は温泉なしではありえないということだろう。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eeldog.blog12.fc2.com/tb.php/787-6033fb07

人気ブログランキングへ

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

     

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

鰻犬堂

鰻犬堂

FC2Ad