eeldogの鰻犬堂日乗(mankendo diary)

日々のよしなきことどもをつづります。 クリックすると写真が大きくなります。

2017-09

コンタックス139の長期貸与を受ける、もしくは例によっての死闘開始

先日、知人のところへ行ったらコンタックス139 Quartzが置いてあったので、ちょっと手にしていたら、持って行っても良いといわれたので、ありがたくお借りしてきた。
しばらく使っていて良いとのこと。
レンズは天下のプラナー50/1.4が付いておりました。
手持ちのヤシカFRと比べると、かなり小ぶりなボディ。ファインダーはかなり見やすくかんじる。おなじ50/1.4のレンズをつけているのだが。そして有名なシャッター鳴き。けっこう盛大です。
とはいえ、かなり気に入った。

持ち帰って各部清掃。しかし電池がないのでシャッター切れず。これはしょうがない。
本日、昼のあいだにLR44、2個を調達して、さっそく電源投入。
しかし巻き上げてもシャッターが落ちない。
各部をよく見てみると、底面のモータードライブの連結部(レンズを下に底部を見たときに右端の部分)が戻りきっていないもよう。
何度か繰り返して確証を得る。
借り物なので少しためらったが、底面を空けてみた。
けっこう埃など入っている。防塵対策はあまり考慮されていない設計か。底ケースくらいは使ったほうが良いかもしれん。
またグリスが古くなっている部分もある。これはとれる範囲は麺棒でふきとった。
内部清掃して、可動部にごく少量注油した(つまようじのさきに少しマシン油を付け、油を落としてから可動部をなぞる程度)。
こちらの写真が参考になりました。

他はいじらずにそっと底蓋をしめて動かしたところ、巻き上げ後、正常にシャッターが切れるようになった。
もし、巻上げ後にシャッターが切れないような個体があれば、このような対処もあるということで書いてみました。

後日、稼働を確認したら問題ないようです。

と、思ったらレンズの絞りを開放にしても、絞りが開ききっていないことが分かった。
正直いってプラナー50/1.4はいじりたくない。当座はヤシカML50/1.4を使うか。
一難去ってまた一難。これではカメラ部門の撤退も仕方がなかったか。

さらにその後テスト撮影に行ったら、肝心のときにときどきシャッターが下りなくなる。これも持病の一つらしい。本体ミラー下の部分がすんなり動いている状態ではないようだ。さてどうしようwww
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eeldog.blog12.fc2.com/tb.php/785-e9013a23

人気ブログランキングへ

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

     

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

鰻犬堂

鰻犬堂

FC2Ad