eeldogの鰻犬堂日乗(mankendo diary)

日々のよしなきことどもをつづります。 クリックすると写真が大きくなります。

2017-11

sexual fantasy

しばらく前に、ギリシャ・ローマの文物展を見にいったら、性器を露出したり、それを強調したりした彫刻や絵画がいくつかあって、それには「sexual fantasyであって実際にやったわけではない」というような説明がつけられていた。
まあ、昔の人も今の人もエロいことは大好物だということで、たわいもない話なのだが、ここからが本題。

先日、あるところで「田亀源五郎」という名前をみてしまった。タガメとゲンゴロウという水辺の昆虫の名前を並べているので、なんだか面白そうだと思って画像検索したのが間違いだった(いまでもちょっと後悔している)www
ここを見ている方にも検索することをお勧めしません(わりと本気)。

内容は、相当にハードなおとこいろの世界で、執念深いほど書き込まれた体毛やら筋肉やら陰部(というか陽物)を見てしまったときは、ちょっと驚いて、思わずまじまじと見てしまった。ちょっと鼓動が早くなったのは何故なのかwww
しかも、お話の設定が相当にアレな世界で、ちょっと本を買いたくなってしまったのは内緒。
俺からすると、あまりにすごすぎて、ある種のSFとかファンタジーの世界のようでもあるが、そこで先ほどの「sexual fantasy」という言葉を思い出した。
「銀の華」とか、良い子の皆さんは検索しないことをお勧めします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eeldog.blog12.fc2.com/tb.php/753-90932820

人気ブログランキングへ

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

     

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

鰻犬堂

鰻犬堂

FC2Ad