eeldogの鰻犬堂日乗(mankendo diary)

日々のよしなきことどもをつづります。 クリックすると写真が大きくなります。

2017-06

ポピュリズムを逆手に取れ。

選挙が近づいていますが、いろいろな党が出ていますな。

今月の講談社G2を読んでいたら、こういう記事があった。
「小沢一郎妻に「離縁状」を書かせた男」。けっこうおもしろいです。
http://g2.kodansha.co.jp/17703/17875/18694/18695.html
今回の選挙でも、小沢一郎が突然滋賀県の嘉田知事を持ちあげて日本未来の党をつくるあたり、やっぱり台風の目といえるのだろう。
橋下さんは、台風の目になる前に、慎太郎前都知事と組んで失速してしまったように見える。

この小沢一郎という人、世紀の大悪人のようにいう人も居て、裁判もあったりしたが結局起訴されなかった。検察に代表される官僚やあの裁判を後押ししたマスコミたちは一体何をしたかったのだろう。
一方で、心酔している人も居て、よく分からない。
G2の記事のように、買被りせず、悪党と決めつけもせず、冷静に見ていかなければならないと思っている。
まあ、でも震災後一番先に岩手県に被災者住宅ができた件、さすがだとは思っている。

ところで、日本未来の党は、原発を10年以内に廃止するといっており、その点で大衆迎合的であり、ポピュリズムであるという意見がある。
経済のことを考えれば、そんなにすぐには止められないはずで、むしろ無責任な発言であるということのようだが、果たしてそうか。
福一原発の収束もできず(政府は宣言したが、メルトダウンした以上そんなにうまくいくはずがない)、除染も進まず、さらに処分できない使用済み燃料をこれ以上増やすのは自殺行為である。
また嘉田党首が、選挙の第一声を飯館村であげたという。ちなみに聴衆は10人だったそうだ。これを意味あることと考えるか、大衆に受けることを狙ったスタンドプレーと考えるかまだ判断がつかない。
が、ほかでもない飯館村に行ったことは非常に象徴的な意味があると感じた。

でも、このポピュリズム(といわれていること)を逆手にとってもいいのではないかな。
今ならば、原発廃絶に賛成の人も多かろう。それが深く考えずに雰囲気だけでそう思っているのでも構わない。
地震国である以上、原発の安定稼働は難しい。まして昨年の大震災以来、地震の活発期に入っているそうなので、なおさら危ない。
だから、とりあえず今の勢いだけで原発を止めてしまうのが良い。後のことは、それから考えればよい。
経済活動は生活に付随するものであり、さらにいえば生活の後に来るものであって、生活が経済活動のために犠牲になっては意味がない。
経済の語源である経世済民は「世を經(おさ)め、民を濟(すく)う」が本義であり、のちにeconomyの訳語として経済という省略形が使われることになったようだ。さらにeconomyは、ギリシャ語オイコスから生まれた言葉であるが、オイコスとは家であり家政術であって、やはり生活が先にある。

そこまで考えなくても、子孫に災厄の種を残すのは普通の感覚を持つ人ならば恥ずべきことと思うであろう。その感覚が大事なのであって、これを仮にポピュリズムと呼び、それによって政治をおこなっても大きな問題はあるまい。
原発事故が再度起これば、(政体である以上に故郷としての)国を失うのと同じことだから、それと比べれば大した問題ではない。

悪党といわれる小沢氏の差し出した椅子に平気で座る嘉田党首もなかなかのしたたか者だろうし、何度叩かれても挫けない小沢氏もまともではない。
だが、それだけのものでなくては、悪魔的でもある原発問題に対処できないだろうと思う。歌舞伎の河内山宗俊(「天衣紛上野初花 くもにまごううえののはつはな」)では、「悪に強きは善にもと」というセリフがある(この場合の善は原発停止だが)。

それにしても自民党の原発停止については10年間考えます、ってのだけはないな。バカだから10年間思考停止するのだろう。その間に、また地震が来たらどうする気なんだか。
安倍さんの地元が原発を誘致したいという話があるそうで、それならば全国の原発を止めて、上関原発を作ればいいのです。
冷たいようだが、中国地方で原発事故が起きても東京や東北まで来なければ、それでいい。原発周辺の人たちはとても辛く悲しいことになるはずだが、この期に及んで新たに原発を作ろうとするならば仕方がないとしか言えない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eeldog.blog12.fc2.com/tb.php/719-8fff88b9

人気ブログランキングへ

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

     

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

鰻犬堂

鰻犬堂

FC2Ad