eeldogの鰻犬堂日乗(mankendo diary)

日々のよしなきことどもをつづります。 クリックすると写真が大きくなります。

2017-05

最近のこと-2

・福島第1原発4号機の燃料プール瓦礫撤去作業で、遠隔操作のクレーンが操作を誤って、鉄骨をポール内にとり落とした。いずれ起こるとは思っていたし、これから長い年月をかけて瓦礫撤去を行い、その後さらに長い年月をかけて燃料棒を取り出すのだから、似たような事故は起こるのだろう。なんとか、大きな破綻を招かぬよう作業を進めてもらいたいものだ。このへんで触れています↓
https://twitter.com/Happy11311/status/250906389004828672
https://twitter.com/Happy11311/status/250907045635706880
https://twitter.com/Happy11311/status/250907411433545728
それにしても、茨城県や福島県でちょくちょく地震が起きて、そのたびに原発の状態が気になって仕方がない。いつまでこんなことが続くのだろう。俺が死ぬまで続くかもな。
※それにしても9月30日は台風直撃ですな。心配だが、どうすることもできない。

・小熊英二さんという論客(でいいのかな)がいて、あまりにイケメンなうえに慶応大教授だったりして、嫉妬の炎に身を焼かれるので、著作はほとんど手にしなかった(というか分厚すぎるので読む根気が続かないのです)。先日ニュースを見ていたら、官邸前で金曜夕方毎に抗議行動している人たちが、野田総理とあっている場面で、デモをやっている側に小熊氏が座っていて、なるほどと思った。
この方の最近の著作で「社会を変えるには」(講談社現代新書)というのがあるが、そのコピーに「デモは社会を変えられるのか」という設問がされていた。そういえば、柄谷行人だったかと思うが(この方もほとんど読んでない、済みません)、反原発デモで何が変わるかといえば、とりあえずデモが出来る世の中に変わる、とか言ってた(と思う)。なんか同語反復のようであるが、けっこう大事なことを言っているように思う。
官邸前のデモは、昔のデモと違って、官憲とぶつかりあったりしないし、党派性も薄い。そこが問題だという人もいる。このへんを俺なりに整理すると、デモによって社会のシステムが変わらなければ、デモの意味がないという立場と、システムがすぐには変わらなくても、そういう表現(デモ)ができるだけでも既に世の中が変わってきているという立場があるのだろうと思う。
これについて大学時代に聞きかじったロシアフォルマリズムの考え方をもとにさらに言葉を足すと、こうなる。
例えば、ロシア革命で社会体制は変わったが、人々のものの考え方は変わらなかったので、けっきょく最終的に赤い貴族と皇帝が生まれた(=共産党指導部と書記長)。1920年代ころに、その危険性に気付いた人たちが、芸術運動としてフォルマリズム等を展開したが、つまりは社会体制ではなく、ものの考え方の面での革命を行おうとしていた。だから、けっこう前衛的なことをやっても「同伴者」(cf.同伴者文学)として、トロツキーあたりはサポートしていた。革命は社会体制は変えられるが、社会を構成する人々の考え方まではなかなか変えられない。その部分は芸術の仕事だろうという発想である。
これを参照しながらデモについて考えてみる。デモで社会体制が変わることを云々するのは、デモ賛成派もデモ反対派も実はいまだにロシア革命ごろの発想と変わらない。自分で官邸前に行ってみた感想だが、体制を変えるというよりは、自分なりに考えてみた結果、官邸前に来るべきだと思った人が集まっているように思えた。もちろん、なんとなく来たとか、たんなるセクトとか、ただのお調子者も多いわけですが、それが中心ではない。普通の人が、これはおかしいのではないか、筋道が違っているのではないか、ということをこのように表現してもいい、というふうに「考え方」が変わってきた。そこに意味があるのではないかと思う。

考え方が変わる、というのが不適切であれば、その前提となるだろう「感性が変わる」という言い方のほうが良いのかもしれない。考え方という言葉の本質は、基本的には個人のなかの論理性と感性の対話のようなものだと思うので。

ちょっと俺にはまとめきれない話題だったかな。


・自民党総裁選の演説会が仙台で開催されたとき、うちの子が、こんなことを言っていた。
「震災と原発事故の話をするなら、福島市で話した方がいい。なんでそうしないのか」。
「東北の中心は仙台市だから、そこに行ったんだろう」とは答えたが、たしかに一理あるので、こう加えた。「福島県内で自民党の人が演説すれば、原発推進の責任を問い詰める人が集まるだろうから、こわくて行けないんだろう」。
野田さんの良し悪しは別として、いまだに東電に娘が勤めている石破氏あたりが平気で党首選に出てくるのだから、救いようがない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eeldog.blog12.fc2.com/tb.php/699-93679a0c

人気ブログランキングへ

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

     

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

鰻犬堂

鰻犬堂

FC2Ad