eeldogの鰻犬堂日乗(mankendo diary)

日々のよしなきことどもをつづります。 クリックすると写真が大きくなります。

2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近のこと-1

どうもまとまったことが書けない状態なので、思いつくままに。
と思ったが、身辺雑記的なことと、原発関係のことに大きく分かれるようなので2本立てとしてみました。

・母の認知症が落ち着いてきた。つまり進行が遅くなって、最近では思考もはっきりしてきてちょっと以前に戻ったかんじではあるが、相変わらず統合的にものを話したりするのは難しいという状態。
良くなってきたのはうれしいような、ちょっと困るような。
認知症が進めば、自分が思っているような母の姿とはどんどん離れていく。それは悲しい。しかし頭がはっきりしてくれば、なぜいま東京にいなければならなくなったのか、改めて説明することになるが、それは母の実家付近が津波に襲われたことを知らせることでもある(実家自体は無事ではあった)。また、元気になってきて相馬で暮らしたいと言い出したら、正直にいえば対応に困る。今は介護施設で楽しくはないだろうが安全には暮らすことができているので、子供としては現状維持のまま暮らしていってほしい。手探りで日々を過ごしていた昨年に比べれば、贅沢な悩みだとは思うのだが。
関係ないが、最近は母の見舞いに行ったとき、かならず隣駅の「黄金や」というお店で食事をし、帰りにはコーヒー豆の焙煎所でコーヒーを飲むことにしている。なにか楽しみを作らないと、いろいろ考えすぎて母のもとに行く足が重くなる時があるので。
まあ、たんに食い意地がはってるわけです。

・新井薬師
ときおり中野に行って、中古カメラや古本を見てくる。そういえば北口も工事が終わって、駅からアーケードまで雨に濡れずにまっすぐ行けるようになって、とても良くなった。
さて、中野ブロードウエイの長いオタク魔境を抜けると、早稲田通りであった。夕方の空が明るかった。信号で立ち止まった。いつもはここで駅に戻るが、先日、なんとなく新井薬師に向かう通りに行ってみた。「薬師あいロード」とかいうらしい。昔ながらの商店(布団屋、せんべい屋、総菜屋等)がシャッターを閉めずにちゃんと商売していて、一方では若い人向けの不思議雑貨屋、輸入家具屋、カフェがあったりする。その混在ぶりが心地よい。この商店街を北に向かって西武新宿線方面に歩いて行くと、新井薬師こと梅照院に行きあたる。つまり門前町なのですな。まちの中心がちゃんと存在しているので、いい街並みがあるのだろう。薬師様にお参りすると、井戸があって、ペットボトルを何本も積み込んだ人が水を汲んでいく。白龍権現水という立派な名前があって、名水のようです。順番を待って飲んでみたら甘露でした。
この先を新井薬師駅に向かって歩いて行くと良さそうなそば屋があって、小腹が空いたので入ってみた。「うた」という店で、蕎麦とハーブティの店とのこと。とろろそばを食べたら、とてもうまかった。量は多くないが(とはいえ、浅草のやぶそばほどさみしくはない。あれは2枚ほしくなる)、満足感がある。もう年なので満腹感よりは満足感が好ましくなってきた。
で、どうやら音楽好きのお店らしく、70年代ごろのロックがかかっていて、どうもストーンズらしいがこんなに引き締まった演奏をするとは思えない。ところがCDのジャケットを見たら、やはり「Get Yer Ya-Ya's Out!' The Rolling Stones in Concert」であった。Mick Taylorの居た時期で、ずいぶんとかっこいい演奏であったので、さっそく入手して最近ではこればかり聴いている。
ところで、「悪魔を憐れむ歌 Sympathy For The Devil」という名曲があり、ブルガーコフの小説「巨匠とマルガリータ」に触発されてできた曲だという。詩の内容は小説を上手にダイジェストして、そこに当時の世相を盛り込んだものになっていて、Mick Jaggerはたしかに頭がいい。しかし、この邦題、むしろ「悪魔への共感」と訳すべきだったと思うが、まあ、今の題のほうが妄想が膨らんでいいのかもしれぬ。


それにしても、新井薬師はいい町のようです。若い時に住んだら楽しかったろうな。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eeldog.blog12.fc2.com/tb.php/698-5f009729

人気ブログランキングへ

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

     

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

鰻犬堂

鰻犬堂

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。