eeldogの鰻犬堂日乗(mankendo diary)

日々のよしなきことどもをつづります。 クリックすると写真が大きくなります。

2017-07

野田総理が、官邸前抗議行動のメンバーと会うことにしたらしいが。

野田総理が、官邸前抗議行動のメンバーと会うことにしたらしいが、どういうつもりだろうか。
毎週官邸前にそれなりの人数が集まるので、やはり無視は出来ないということだろうが、かといって会っても、どれほどの意味があるのか疑問だ。

先週の金曜日、市民グループ主宰では官邸前に集まらないことを事前に公表していたが、それでも人は集まった。
市民グループは、集まりを主宰してくれる=段取りしてくれる立場であって有難いとは思うが、かといってあの場に集まる人たちを代表する立場ではすでにないだろうし、グループの人たちもそういう気はないだろう。
それぞれの人が、自分の意思で勝手に集まるのであって、誰かに先導されているわけではない。
野田さんはそこを見誤っているのか、それとも誰と会って話せばいいのか分からない(だから厄介だし、得体が知れなないし、対応の仕様がない)から、とりあえず言いだしっぺの人に会うのか。

どうせだったら、野田さんは夕方に官邸を出てSPつけながらあのへんを実際に歩いてみたらどうだろうか。途中でつるし上げに会うのかもしれないし、殴りかかる人もいるかもしれないが、殺されはしないだろう。まだ東電幹部や、原発を主導した経産省や文科相の役人、御用学者たちで殺された人はいないのだから。

むかし、東大紛争というのがあって、文学部の文学部長・林健太郎教授が学生と直接対応した
林氏のように8日間もやらなくてもいいから、直接現場に出てきたらどうだろうか。


(以下、朝日新聞より引用)
野田首相、脱原発の団体と面会意向 次の官邸前抗議で

 野田佳彦首相は、毎週金曜日に官邸前で関西電力大飯原発(福井県おおい町)の再稼働への抗議行動を呼びかけている市民団体のメンバーと、近く面会する意向を固めた。早ければ、次の抗議行動が予定される3日にも会う方向で調整している。

 首相は13の市民団体や個人による連絡組織「首都圏反原発連合」の代表者と会う意向。これまで首相は「一つ一つ、デモの皆さまに出て行って会うことは前例がない」として、超党派の国会議員でつくる「原発ゼロの会」を通じた面会要請も断ってきた。だが、抗議行動は広がりをみせ、「民意を軽く考え過ぎている」との批判が政権内からも出ていることを踏まえ、方針転換した。

 ただ、首相には大飯原発の再稼働を見直す考えはなく、面会ではエネルギー政策の見直し方針への理解を求めるとみられる。

2012年8月2日11時46分
http://www.asahi.com/politics/update/0802/TKY201208020289.html
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eeldog.blog12.fc2.com/tb.php/685-c4301ffe

人気ブログランキングへ

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

     

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

鰻犬堂

鰻犬堂

FC2Ad