eeldogの鰻犬堂日乗(mankendo diary)

日々のよしなきことどもをつづります。 クリックすると写真が大きくなります。

2017-09

Retina 3c様、復調の兆し

シャッター粘りと、絞り不調(F2開放にできない)のため、長らく寝かせていたKodak Retina 3cを久しぶりにいじってみたら、なんとかなりそうな気配。
このカメラは、前玉交換で広角と望遠レンズを装着できるため、前からシャッターにアクセスするのは簡単である。しかし、後玉は奥まったところにあって、カニ目も入れにくいため開けられないでいた。
先ほど思い立って、後玉をこじってみたら今日は簡単に外れた。まずは後ろからベンジン注射と綿棒でのふき取り。これでシャッターの油幕をふき取る算段。しばらく繰り返すとシャッター粘りが治ってきたようなかんじ。ただし、同じシャッタースピードでも音が違うときがある。ちょっと気になる(鬱)。
明日になって同じ調子ならたぶん実用十分なレベルになるだろう。

絞りは、いつのころからか開放F2にならず、どうしたものかと思っていたが、今日よく観察したら羽が一枚外れかけていた。ピンセットとドライバーで押しこむと復調。荒っぽいやり方だと思うのでこれでいいのか分からないが、今のところ問題なく稼働している。

たしかこのカメラは、はじめての中古カメラで銀座の三共で買った記憶がある。露出計のカバーが外れていて多少安かった。シャッターもちょっと怪しくてBの場合、シャッターボタンを話しても戻らないような状態であった。赤瀬川原平とレチナハウスの望月氏の影響が強かったかな。
露出系カバーは自作して、一時期はずいぶん熱心に使った。俺にとっては今は亡きリアラとの相性が抜群であったが、今は昔となりにけり、今あるフィルムで楽しもうと思う。

といいながら、今手元に、オリンパスペンSがテスト撮影中。これもジャンクで買ってシャッター不調を泣きながらなおしたもの。であとにはコニカⅡ50/2.8が控えている。これはヘリコイドが固いのだが、分解すると厄介そう。どうするか思案中。
カメラいじりにかまけないで真面目に写真を撮るべきなのだが。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eeldog.blog12.fc2.com/tb.php/676-ae435b3d

人気ブログランキングへ

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

     

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

鰻犬堂

鰻犬堂

FC2Ad