eeldogの鰻犬堂日乗(mankendo diary)

日々のよしなきことどもをつづります。 クリックすると写真が大きくなります。

2017-11

突然段ボール「ありきたりの進歩」リリースパーティー

というわけで、渋谷のライブハウスに行ってきました。今回もやっぱり道に迷ったw

最初の前座はskillkillsというバンドで、ドラム中心、ベースはダブっぽい。なんとなく初期のPILを思い出した。へんなブレイクと変拍子で、上手いバンドだけど、やたらと混沌としていて、なんとなくうたごころ(求めてないような気もするが)がないような気がした。お好きな方はいいんでないでしょうか。演奏が短くてよかった。耳が疲れる。
次は、石川浩司(パスカルズ、exたま)で、一目見るだけで、すぐあの人と分る。なんか手ぶらでステージに上がって、突段の蔦木俊二(GOJIO)さんのギターを手にとっておもむろに歌いだした。
歌いだしたとたん、別の世界が広がった。好きかといわれると微妙と答えるが、すごい音楽だと思う。「Only You」は普通に良い曲で、ちょっと泣けます。ちなみにチューニングは最初から最後までちょっと狂ってたけど気にしない様子だった。

いよいよ突然段ボールの出番。曲は「ありきたりの進歩」全曲だが、CDとはかなり曲順が違っていたように思う。セットリストは例によってよく覚えていない。誰か教えてください。
まずは「冒険王」から。音が出ると、skillkillsみたいな音圧感はなく、シンプルですっきりしている。ドラム(お父さんがGOJIOと同い年とのこと)はちょっと音量小さいかな(演奏するうちにのってきたのかちょうどよくなった)。松浦さんのGはいい音。ちょっとだったら掘られてもいいような気がした(嘘)。GOJIOは後の曲でエフェクターのバッテリー切れで電池交換していた。準備があまり良くないぞよ。Gの音はいつも通りかな。お二人ともアンプがローランドのジャズコーラスで、俺好みの音である。たしか80年代以降のキング・クリムゾンとかポリスも使っていた気がする。あのコーラスのかかり具合が、ギターの音を引き立たせるのです。80年代後半のギターバンドの音を思い出す(雰囲気はだいぶ違うけどthe FIXXとかね)。あのアンプ、歪ませた音もいいし、生っぽい音もいい。
ベースはいつも通りで、ドラムとのマッチングが良い。後半はドラムとベースが消えた(意識されなくなった)が、これはバンドの一体感があるとそうなるわけで、それそれのパートは聞き分けられるけど、それはあまり意味がなくて、全体として一つのバンドの音になっているところに意味がある状態。けっこう誉めています。
キーボードとコーラス(というかサイドのボーカルですな)は、このバンドにぴったりはまってる。「D」の曲だとまた違うかもしれないが、今回の曲調ではこれしかないというかんじ。
で、後半、ゲストでMAYAさんという方と、石川さんが入ってきた。MAYAさんは「らりーん、りらーん」のフレーズを作ったそうで、そこだけ見れば天才かもしれん。石川さんは「終電車」でボーカル、あと「病の底」とか何曲かでパーカッションとコーラスとみょうなダンスをやってました。
今回聞いていると、曲によっては、昔ENOがソロアルバムでバカっぽいような不思議なロックロールやってたような頃の趣があったりして、でもそれだけじゃない。「月は△」等ふつうにヒットしてもいような気がするが、気のせいか、たんなる贔屓しすぎか。
で、今回のライブも、CDの原曲にわりと忠実にやっていたわけだが、それだけじゃない瞬間があった。原発の話題にふれた後、イントロにちょっとインプロ的演奏が入った瞬間があって、それからの曲は、なんか凄味があるように感じた。
原曲通りにやるのもいいけど、ときどきインプロの暗黒面を噴出させると、楽曲のポップさが余計引き立つようにも思う。インプロ地獄と、楽曲としての演奏は切り分けているのかもしれないが。

アンコールは2回。最初は新曲2曲で、1曲目は「ありきたりの進歩」の延長上。もう1曲は311にレコーディング(リハーサルだったか)していたという曲で、ちょっとフォークロック?のようなかんじも一部あるが、これまでなかったような曲で新鮮だった。発売が待ち遠しい。
最後は「ホワイトマン」だったが、ベースがビールを飲みに行っていたので松浦さんがベースを弾いた。ベースがリードする曲なので、いい感じになっていますた。でもCANを越えたというのは言い過ぎというか方向が違うと思った。
ちなみにGOJIOは、演奏しているときは神々しいくらいだが(照明の関係か?)、しゃべると俗人ぽいのでMCは最小限にしたほうがいいと思う。

というわけで、今回も大満足のライブでした。それと同時に、やはり前回の吉祥寺ディスク・ユニオンの小じんまりした独特な空間での演奏も良いようにも思った。ライブハウスもいいのだけれど、それ以外に本屋とかギャラリーとか、いろんなところでライブをやったらどうだろうか。楽しくなると思うのだが。
さて、11月12日に深谷ロックフェスがあるのだが、深谷に行きたしと思へども、深谷はあまりにも遠し。せめてあたらしきCD(「ありきたり」のデモCD)を聞きて、気ままなる妄想にふけらん。
行ける人は行ってください。http://twinavi.jp/event/detail/2987
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eeldog.blog12.fc2.com/tb.php/604-16791a63

人気ブログランキングへ

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

     

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

鰻犬堂

鰻犬堂

FC2Ad