eeldogの鰻犬堂日乗(mankendo diary)

日々のよしなきことどもをつづります。 クリックすると写真が大きくなります。

2017-10

写真館に行った。

先日、子供の七五三の写真を撮りに、伊勢丹の写真室に行った。
うちの近所の写真館はリアリズム重視というか、なんだか生々しすぎてあまりこちらが思うような写真ではないので、ちと奮発したわけ。そこで撮ると我が家はルイス・ハインの写真のようになってしまう。

撮影の順番を待っていたら、手札程度のモノクロの家族写真がたくさん貼ってある額があった。説明を読むと、昭和20年以来、毎年欠かさず、ずっと家族写真を撮っている一家のこれまでの写真を並べたものだった。これは、今年正月の読売新聞?にも出ているそうです。
最初はご夫婦のみ。やがて子供が生まれ、その子供が結婚して家族が増え、やがて孫が生まれというように、60年以上の歴史が写真として焼き付けられていた。言葉はないけれど、大河ドラマを見ているようでもあった。

つい深瀬昌久の家族写真のシリーズを思い出したが、あのようなドラマチックさはない。しかし、普通の人の人生にドラマチックさは必要ではない。(というか普通の人生であっても十分以上にドラマチックだ。俺も年をとったかな)。いまならば、伊勢丹写真室に飾られた市井の人の写真をゆっくり見ていたい気持ちだ。
めでたいことに、ご夫婦はご健在で、ご家族にもかけた方は居られないようであった。
いい気持ちになって、写真室を出ることが出来た。
ちなみに撮影も、さすがにプロの技であった。カメラはマミヤのRZだった。照明は難しいのでよく分からんが、手前左右に一灯ずつ。背後左右に一灯ずつだったかな。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eeldog.blog12.fc2.com/tb.php/57-6a7a81a4

人気ブログランキングへ

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

     

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

鰻犬堂

鰻犬堂

FC2Ad