eeldogの鰻犬堂日乗(mankendo diary)

日々のよしなきことどもをつづります。 クリックすると写真が大きくなります。

2017-09

311コスモ石油のデマメールは、本当にデマだったのか

311の震災の際、東京湾のコスモ石油から火災が出て、注意を促すデマメールが飛び交ったという。
俺には来なかったが、家人には来た。誰もこういうメールを送ってくれない俺ってちょっとさびしい…。
というのはさておいて、以下はその文をコピーしたものである。
「コスモ石油の勤務の方からです。できるだけ多くの方々に伝えてください。
工場勤務の方から情報。外出に注意して、肌を露出しないようにしてください!
コスモ石油の爆発により有害物質が雲などに付着し、雨などといっしょに降るので
外出の際は『傘』か『カッパ』などを持ち歩き、身体が雨に接触しないようにして下さい!!
コピペなどして皆さんに知らせてください!! 多くの人に回してください!! ご協力宜しくお願い致します。」

真偽はともかく、この対処法(外出注意、肌を露出しない、雨に濡れない)の項目自体は、放射能汚染に通ずる対応でもあり、心ある人がデマともとれるメールの形で、わざと拡散させたのではないか等と家人と話していた。
この内容に「煤煙で呼吸器が傷むのでイソジンガーグルでうがいせよ」と書いてくれれば完璧だった。
実際、3月15日には、東京にもピカ粉塵が降ってきたわけだし。

とか言っていたら、本日のニュースを見てぞっとした。
「東日本大震災で発生したコスモ石油千葉製油所(市原市)の液化石油ガス(LPG)タンク火災・爆発に伴い、隣接する劣化ウラン保管施設も延焼していたことが明らかになった。放射性物質の漏えいはなかったとしている」。
http://www.chibanippo.co.jp/news/chiba/politics_economy_kiji.php?i=nesp1309498977
やっぱり地震当日のデマメール、あれはやはり単なるデマではなく、周辺住民に注意を喚起するために意図されていたものではないかと考えている。

まあ、妄想かもしれんが、「直ちに問題はない」「メルトダウンしてない」と言っていた官製デマよりは、実際には役立つ情報であったと思う。
もし仮にこのデマの通りに行動したとしても、得るところは多く、失うものはほとんどなかったと思う。
つまりは、公的情報とデマが内容においては等価ともいえるわけで、この状態が続けば、行政と国民のあいだのかぼそい信頼の紐帯が切れてしまうのではないかと危惧する。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eeldog.blog12.fc2.com/tb.php/560-4f355df9

人気ブログランキングへ

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

     

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

鰻犬堂

鰻犬堂

FC2Ad