eeldogの鰻犬堂日乗(mankendo diary)

日々のよしなきことどもをつづります。 クリックすると写真が大きくなります。

2017-07

イブラヒム・アブドゥーラ(ダラー・ブランド)ライブ

9/29のサントリホールでのライブに行ってきました。
小ホールでの開催で、ほぼ満席でした。ステージと客席がかなり近くて、うれしかった。
演奏ですが、お歳のせいもあってか、テンポ(左手)はわりと緩め。美しさのあまり、つい気が遠くなってしまう人もいたようです(俺もちょっと寝た)。
言葉で書くのは難しいですが、第一部は究極の描写音楽だと感じました。なにかどこかの風景を音で描写しているような。だから風景に変化がないときにはつい気が遠くなってしまったのかも(言い訳)。でも、その音の世界になれると、途切れることなく続く曲の流れに身を任せて、時を忘れました。19時すぎから始まって、1時間以上演奏したかな。
その後のアンコールはわり長くて、ほぼ第2部といっていいくらいでした。こちらは体の中からあふれるメロディーとハーモニーをそのままピアノから出しているような演奏で、こちらも良かった。美しいものにふれることができました。

ところで、彼はピアノの左側に時計を置いていて、20:59に演奏が終わった。いわゆるプロなのだと思う。

思うに、音楽は時間芸術といわれることがあるが、時間芸術の究極の姿は、時間そのものを忘れさせることだろうと思う(というか、そのための時間芸術というか)。同様に空間に制約される芸術のうち、傑作といわれるものは、その作品の大きさを感じさせないような気がする。
ダラー・ブランド(こっちのほうがしっくりくる)の演奏は物理的には2時間であったが、日常時間では換算できない内容の、特別な時間であった。行ってよかったな。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eeldog.blog12.fc2.com/tb.php/498-b9a6dbd7

人気ブログランキングへ

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

     

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

鰻犬堂

鰻犬堂

FC2Ad