eeldogの鰻犬堂日乗(mankendo diary)

日々のよしなきことどもをつづります。 クリックすると写真が大きくなります。

2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

けっこう良記事 教育欄「ウオッチ 絵馬を舞台 数学ブーム」

朝日新聞 2010.7.4(日)付、記者は花野雄太。

 冲方丁「天地明察」という江戸時代の和算についての小説が話題になっていることは知っていたが、それに関連する記事。記者が渋谷・金王八幡宮に行ったところ(何で行ったのかね、たまたまか?)、算額(の絵馬)が奉納してあり、記されたメールアドレスに連絡してみたら…という話。記者が自分の足で歩いて話題を探してみてこそ書ける記事だと思う。いわゆる「足で稼いだ記事」といいうのだろう。教育欄では建前論が多いせいか、こういう記事をなかなか目にすることがないので、目が洗われるようであった。

 ちなみに末文で、「(算額の)問題を解こうとしたが、文系の私には手も足も出なかった」とあり、軽くユーモアをまじえて終えているのもいいと思う。この方は新聞記者には珍しく、柔らかい心を持っているように思えるので、この調子で記事を書いてもらいたい。新聞によくある、図式に頼り切ったような無味乾燥な記事を書くようにはならないでほしい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eeldog.blog12.fc2.com/tb.php/481-6570ad7f

人気ブログランキングへ

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

     

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

鰻犬堂

鰻犬堂

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。