eeldogの鰻犬堂日乗(mankendo diary)

日々のよしなきことどもをつづります。 クリックすると写真が大きくなります。

2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

清水義範「漱石先生大いに悩む」

あとがきに「本当は明るい人だった、漱石」とあったので、手にしてみた。このところ何作か漱石の小説を読んでいたのだが、世にいうように「生きることの苦悩」とかをテーマにした小説ではないように思えてきた。この本でも、そのようなことが書いてあるかと思って読み進めたが、どうも清水氏のいう「上機嫌の漱石」のまま最後まで貫き通せなかったようだ。作中、美禰(イネ)が自殺するあたりから、結局は人生の苦悩に直面するという、よくある漱石像になってしまっている。目の付けどころはよかったと思うが、今一歩及ばずというところか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eeldog.blog12.fc2.com/tb.php/479-fa06834a

人気ブログランキングへ

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

     

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

鰻犬堂

鰻犬堂

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。