eeldogの鰻犬堂日乗(mankendo diary)

日々のよしなきことどもをつづります。 クリックすると写真が大きくなります。

2017-06

Josef Sudek "Sad Landscape"

スデクのパノラマ写真集「Sad Landscape」購入。
ジュンク堂で見たのだが、お金を作って買いに行ったら、もう売れていた。気を取り直して、On Sundaysのサイトで探したら売っていたので、さっそく購入。7200円くらいか。

買って分かったのだが、プラハのパノラマとはまったくの別物であった。ほとんど未発表のもので写真の重複はないはず。
内容は、ボヘミア地方で石炭の露天掘りされている地域の移り変わりというか、諸行無常というか。露天掘りのため、町があっても下に石炭があれば、町を壊して採掘するらしい。町同様自然も失われていく。その失われ行くものへの挽歌か。

この地域は、クーデルカも「Black Triangle」というパノラマ写真集で発表しているが、石炭採掘のため環境破壊が著しいそうだ。
ちなみに、クーデルカは、以前東京写真美術館で「ユリシ-ズの瞳」(アンゲロプロス監督)を上映した際、ご本人がレクチャーした席で聴講したもの。
スデクが、クーデルカ以前に同じようなテーマを取り上げていたことに驚いた。

追記
ebayで、この本出ているようですな。
こちらもご参照のこと

かたるほどの詳細というほどのこともないのですが、スデクの写真に写っていた光景はなんとなくなじみが深いものでした。というのも、私の郷里でも、山を削り住宅地を造成し、新しい道を通したのですが、その過程で山が削られていく様子が、そっくりだったからです。
やっぱりパノラマカメラほしいな。

それと付け足しですが、クーデルカの「Black Triangle」はすごい造本でした。パノラマ写真が、絵巻物(正確にいえば「経本仕立て」だろうか(のように、何十メートルもつながっているのです。
クーデルカのレクチャーの際には、東京写真美術館ホールの演壇上に、その写真が長々と広げられていたのでした。
入手したいけど、うちでは広げてみることはできないね。


10/2/23 さらに書き足し
アクセスログを見ると、最近「sad landscape」というキーワードで見に来てくれる方が急増(当社比、w)しております。なんかあったんでしょうか。

ちなみに、ちょっと前に、プラハのパノラマ写真集(例のやつ)を入手しました。これはちょっと自慢で書いてみました。
スポンサーサイト

コメント

sad landscapeでのアクセス件数が増えている、ということですが、おそらく「凛として時雨」というバンドがブログでこの写真集について少し(ホントに少しですw)触れたからだと思います。
私もそれに触発された一人です。

Re: タイトルなし

なるほど、納得しました。
教えていただき、ありがとうございます。
このバンド、名前だけは知っていましたが、こういうところで関わるとは。
不思議なかんじです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eeldog.blog12.fc2.com/tb.php/38-3f9d2602

人気ブログランキングへ

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

     

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

鰻犬堂

鰻犬堂

FC2Ad