eeldogの鰻犬堂日乗(mankendo diary)

日々のよしなきことどもをつづります。 クリックすると写真が大きくなります。

2017-10

またも、木村敏先生について

木村先生の出るシンポジウムがあるらしい。
第8回 河合臨床哲学シンポジウムのご案内
予備校の河合塾が、この手のものを主催するというのも、ちょっと分からんけれども、回数を重ねているようです。
木村先生はコメンテーターとのこと。

さて、以前「きちがいのなつかしさ」という文章を書こうと思って、断念したことがある。ところが、木村先生の文章の中に次のようなものがあって、自分が言わんとしてたことがほとんどそのまま書かれていたのであった。以下、手元に本がないので大意のみ、思い違いもあるかと思う。
「若いころ、ある病院にほとんど泊り込みで勤務していた(※宿舎が院内の敷地だったかも)。たまに外出するといえば、学会関係の会合で、月に2.3度ほどであった。その時、病院から出ると、世の人々の俗物ぶりに辟易した。入院中の患者さんは、問題を持っているかもしれないが、しかし、純粋な人々ばかりである」。大体こんなかんじの文章だったかな。

精神的に不安定な状態の人がいると、周りの者はたいへんであるが、しかし、私の場合うんざりする反面、嫌だともいいきれない部分があるのも嘘ではない。それを「きちがいのなつかしさ」という言葉で表そうとしていたのだが、木村先生のほうが上手に書いていました。
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。
仕事があるので、全部は見られないんじゃないかと思います。
仕事の合間を見つけていくつもりです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eeldog.blog12.fc2.com/tb.php/340-05bd4b1d

人気ブログランキングへ

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

     

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

鰻犬堂

鰻犬堂

FC2Ad