eeldogの鰻犬堂日乗(mankendo diary)

日々のよしなきことどもをつづります。 クリックすると写真が大きくなります。

2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊文春は恥を知れ

というか、マスコミは恥知らずがデフォルトだが、週刊文春はジャーナリズムの端くれに位置するものという矜持もなさそうだな。

週刊文春のAPF通信・山路氏を取り上げた記事が文春に出ていた。

【見出し】戦場カメラマンから大ブーイング ミャンマー銃撃死 長井さんを喰い物にする通信社 APF 代表
【リード文】実は「ミャンマーに行きたくない」と語っていた長井さん。その死をめぐって荒稼ぎする山路代表は外車を乗り回し、テレビ一回放映が200万円とは──

新聞広告を見ると、メイン記事の1本のようであるかのようだが、実際に見ると3、4ページ。この羊頭狗肉ぶりは女性週刊誌によくあるので、とくにはとりあげない。

内容についていえば、山路APF通信社長は、人格的にすぐれているかどうかは分からない。というか、あの手の仕事だもの、お人好しにはつとまるまい。
しかし、広告にあった「外車を乗りまわす、云々」についていえば、文春の社員は国産車ばかりなのかね? このへん聞いてみたいような気がする。
それと、放映料が200万円、というのは安いのか高いのか? 命がけで撮影してきたものを高く売るのが社長の仕事だろう。高くても買う人がいるということは、それだけの価値があるということだ。だれか、この文春レベルの記事に200万払うやつがいるのかね。文春編集部は、外注ライターの管理ばかりではなく、自らの頭と体で行動し書くことをお勧めする。
ところで、文春社員の給料はおいくらだろうか。それも興味あるな。

それともあれか、文春は基本的に保守本流だが(それはそれでよい)、ミャンマー利権を持つ役所あたりに、なんかせっつかれたか。そのようにも思える記事だった。

そもそも、そのように勘ぐられること自体、恥だと思うがいかがか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eeldog.blog12.fc2.com/tb.php/229-ccb47a59

人気ブログランキングへ

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

     

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

鰻犬堂

鰻犬堂

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。