eeldogの鰻犬堂日乗(mankendo diary)

日々のよしなきことどもをつづります。 クリックすると写真が大きくなります。

2017-06

検索エンジンについて

google様とyahoo様が、下手打って、初音ミクという画像をネグってしまって、ちょっと騒ぎになりました。初音ミクならまだいいが、ほかのキーワードで巧妙にやられたら、普通の人は、手も足も出ないもんな。

つまり、URLが存在していても、検索エンジンに引っかからないと、存在しないのと同じなのだな。つまり検索エンジンが、そのサイトの生死を握っているといってもいいくらいである。
ではその検索エンジンは誰のものか。一企業のものである。一見、公共性とかを装っているが、やはり恣意的である。恣意的であることは問題ではないが、あたかもそれが「公共の意志」のように見えるのが人をだます。

さて、既存の検索エンジンから離れて、知るべき情報へのルートをどうやって確保するのか。企業ではなく、公的機関が主催する検索エンジンがあればどうだろう。まず無理だな。役人を見ていれば、すぐ分かる。国連の腐敗振りも有名だしな。

では、物言わぬ民の混沌に賭けてみるか。たとえば2chで検査エンジンを開発するとか。これは面白そうだが、なんか、やりそうもないね。

で、俺が思ったのは、P2P技術を応用して、サーバー上、もしくはそれに類する情報の「要」を作らずに、「中心のない」検索エンジンができないものか、などと考えてみた。

たとえばgoogleの場合、キーワードにより、そのたびごとの「中心」を作る。yahooのようなカテゴリ表示(カテゴリ検索を使っている人はどのくらいいるのかな)は、中心そのものである。

では、中心がない検索エンジンとは、どんなものか。まだ自分でもイメージしきれないのだが、なんとなく、波打つ網の目のようなものをイメージしている。これについてはまた考えてみようかな。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eeldog.blog12.fc2.com/tb.php/224-ea8ba314

人気ブログランキングへ

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

     

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

鰻犬堂

鰻犬堂

FC2Ad