eeldogの鰻犬堂日乗(mankendo diary)

日々のよしなきことどもをつづります。 クリックすると写真が大きくなります。

2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いまこそ、ガンジーにならへ

というのは、米の消費が低迷し、米価が下がって農家が立ち行かないというニュースを聞いたから。また、しばらく前から言われていたが、とうとう農家の後継ぎがいなくなり、遠からず、日本の米作は崩壊するだろうという。

どこかの馬鹿が、それなら外国から安く売ってもらへ等といっていたが、相手の国で食料が足りなくなったら、いくらこちらが金を積んでも売らんだろう。

そこでこそ、ガンジーの国産品愛用運動を見習わなければならない。
というのは、食料安全保障(=植民地化を逃れる基本的な方策)なくして、その社会の安定は望めない。自国では主食を生産せず(させず)、商品作物だけを栽培させ、その国一国だけでは成立しないようにさせ、商品作物を売った金で別の国から主食を買わせるというのは植民地運営の基本である。その後遺症で、本来食料は豊かなはず(二毛作等)の東南アジアの国のなかには、いまだに苦しんでいる国がある。

この考え方を援用すれば、現在は商品作物ではなく、工業製品をそれぞれの国に作らせ、その代金で他国の生産した食料を買わせようという、新たな形の植民地支配である。

スワラジ、スワデジというガンジーの言葉を思い出した。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eeldog.blog12.fc2.com/tb.php/216-4e5b3473

人気ブログランキングへ

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

     

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

鰻犬堂

鰻犬堂

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。