eeldogの鰻犬堂日乗(mankendo diary)

日々のよしなきことどもをつづります。 クリックすると写真が大きくなります。

2017-10

弱かったからそうなった。

実家に帰省中、中国大陸で亡くなった、母の叔父が戦地より送ってきた手紙をまとめた文集を読んでいた。

そのとき思ったのだが、なんで日本軍は、軍との戦闘以外に、中国であのようなことをしでかしてしまったのだろうか。

それは、おそらく日本(軍)が弱かったからではないか。
たしかに個々の戦闘では強かったように聞いているが、しかし、全体としては勝てない。そういう軍隊を強いということができるだろうか。
その弱さゆえに逆上してしまったからこそ、南京のような出来事を起こしたのではないだろうか。
だから、中国の人になぜあんなことをやったのだと問われたら、こう答えればいいのではないか。日本は弱かったから、あんなことをしたのだ、と。
よく言われる言葉だが「弱さを認める強さ」と「弱さを認められない弱さ」ということか。
つまり、自らの弱さを自覚して対策する者は、結果として強くなる、もしくは負けにくい。自らの弱さを認められず強がるのは単なる虚勢である。資源(とくに石油)もないのに戦争に突入したのは日本であった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eeldog.blog12.fc2.com/tb.php/204-5c9b179e

人気ブログランキングへ

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

     

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

鰻犬堂

鰻犬堂

FC2Ad