FC2ブログ

eeldogの鰻犬堂日乗(mankendo diary)

日々のよしなきことどもをつづります。 クリックすると写真が大きくなります。

2019-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

憲法改正について

憲法改正とはいっているが、実のところ、第9条の項目についての話題が中心のようだ。本来ならば第13条「幸福権の追求」あたりも真剣に討議されねばならないはずだが。

ところで、昨今の憲法改正論議および改正手続論議であるが、自分にとっては、以前ほど切羽詰った問題ではないように感じている。

というのは、自分は既に厄年も超え、子どもは女の子。憲法改正によってもし万一徴兵制度が復活しても、ほとんど関係ないだろうという気持ちがあるからだろう。

もっと若ければ、戦場にいくのは自分であるという切迫感・危機感があった。でも、今はもし万一そのようなことがあっても、40歳過ぎのジーさん兵士が行くようでは、すでに負けは決まっているだろうから、その時点でもうどうでもよくなっているだろう。また、自分の子供が兵隊にとられないだろう(まずは若い男から連れて行くだろうから)というのが、その理由だ。

憲法改正の論議自体は特に問題もないのだが、憲法改正派のスーツの下に鎧が見えているのが気にいらねえ。先の大戦のように、庶民ばっかり死ぬのでは、わりにあわない。なあ、生き残った元海軍主計少佐よ。その辺はどう思うかな。
偉い方々が確実に「ノーブレス・オブリージュ」を果たしてくれるなら、考え方も変わるのだが。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eeldog.blog12.fc2.com/tb.php/181-4ba5c382

人気ブログランキングへ

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

     

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

鰻犬堂

鰻犬堂

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。