eeldogの鰻犬堂日乗(mankendo diary)

日々のよしなきことどもをつづります。 クリックすると写真が大きくなります。

2017-09

インターネットは通信販売のカタログか?

結局のところ、インターネットというのは通信販売のカタログでしかないのか?

アメリカにおいては、昔から通信販売が発達していたそうな。国が広いため、なかなかお店にいけない人が、シアーズ(sears)のカタログを見て買い物をするわけ。もちろん、カタログに偽りがあれば売れ行きに直結してくるから、かなりの程度信用できるものだったらしい。

それを、インターネット上で展開しているのがamazonやらなんやら。

それをさらに展開させたのがgoogleというのが今日の見立て。
思い起こせば、googleが出てきたとき、どうやって金を稼ぐのだろうか、ということが話題になった記憶がある。というのも、googleのページには検索窓しかない。しかし、yahooにしろMSNにしろ、必ず、ニュースやら話題やらのインデックスがリンクされて列挙されている(つまりそこに広告を入れればお金がとれる)。

で、やがてgoogleは「検索連動型広告」というのを始めた。これは従来のやりかたが「オンラインカタログ販売」に過ぎないのに対し、これは一種の「提案型営業」の手法を導入したわけ。つまり、「検索したもの=それが欲しいんでしょ、なら、こんなのあるよ」という話である。確かに、これは発明だ。
でも、ネットユーザーを単なる購買者としてしか見ていないようで、そこが悲しく思う。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eeldog.blog12.fc2.com/tb.php/165-4b2259f0

人気ブログランキングへ

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

     

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

鰻犬堂

鰻犬堂

FC2Ad