eeldogの鰻犬堂日乗(mankendo diary)

日々のよしなきことどもをつづります。 クリックすると写真が大きくなります。

2017-08

「中の人」問題 googleについて

とか思っていたらNHKでgoogleを取り上げました。
一応、光と影の両面に触れているが、俗に「けなし三分に、褒め七分」というらしく、ある程度のけなしは、かえってその内容に信頼性を高め、褒めの部分をさらに強調するらしい。昨日のはどうであったか。

ところで、googleの気に入らない点はいくつかあるが、一つは世の中をすべて「言葉」でとらえようとしている点。
「はじめにロゴス(言葉)あり」というキリスト教的、西欧文明的であるね。
でも、世の中の多くの部分は言語化不能だと思っているが。特に日本文化では言語化できない部分の良さを伝統的に追求しているように思う。
そのへんどうなんだろね。
日本が検索エンジンで名を上げるとしたら、「言葉」ではなく、違うもので検索するまったく別種の物を作るしかないかも。例えば、デジカメである物を写真に撮り、それをuploadして検索するとか。
それと、googleが最初に出てきたとき、バナー広告も何もなくて、いったいどうやって儲けるのだろう、という話題があったことを思い出した。実は当初から検索連動型の広告を狙っていたのだろうな。それと、彼らにとっては「人=消費者」というのが人間観なのだろうか。
彼らのやっていることは、非常にアメリカ(USA)的に見える。つまり通信販売のカタログの拡張版ということ。それはそれでいいのだが、その分をわきまえて、あまり大それたことをしないで欲しい。
google八部をしでかす人々(=中の人)に、自分の行動、嗜好まで公開するのは考えものだ。

まぁ、googleの上手を行く使い方をすれば良いわけではあるが(それが一個人で可能か?)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eeldog.blog12.fc2.com/tb.php/159-3e316ae3

人気ブログランキングへ

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

     

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

鰻犬堂

鰻犬堂

FC2Ad