eeldogの鰻犬堂日乗(mankendo diary)

日々のよしなきことどもをつづります。 クリックすると写真が大きくなります。

2017-08

上海、民工学校閉鎖

今朝、新聞を見ていたら、上海の民工の学校が行政側によって閉鎖されたというニュースがあった。

このことだけ見たら、中国ではよくあることかもしれないが、このようなことが続けば、社会不安が増大するかもしれない。

民工学校とは、農民戸籍のため、本来ならば都市で働くことができない人々が、仕事を求めて都市部にやってきたのであるが、戸籍が子供を学校に通わせられないため、自分たちの賃金を出し合い作った学校のことである。
出稼ぎで苦労する親が、せめて子供には教育を受けさせたいと作った学校である。
だから、学校に寄せる思いは、昨今の日本で想像するような生半可なものではないだろう。
そういえば、増山たづ子さんの写真で、村の最後の小学校の運動会の様子を写したものがあったな。村中の人が和気藹々と集っていた。そのような大事な場所としての学校だったのではないだろうか。
(これは以前、民工の学校をテレビで見た記憶も踏まえて書いている)。

ある人曰く(というか、どこで読んだか忘れたが)、中国経済発展の根本原理とは、国内に農村という植民地を持っているからだとあった。
そこからの人的、経済的搾取はし放題ということか。

子を持って分かったが、子供とは親にとって、命の延長であり、未来そのものである。子供の教育とは、その未来に託す夢である。(ついでに言っておくが、ここでいう教育とは、別に高学歴がどうしたというはなしではなく、素朴な職業教育までを含む意味である)
その夢をむざむざ壊されるようなことがあれば、底知れぬ怒りが発するだろう。

中国社会の将来は、日本同様、危ういかもしれないね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eeldog.blog12.fc2.com/tb.php/152-901826b5

人気ブログランキングへ

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

     

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

鰻犬堂

鰻犬堂

FC2Ad