FC2ブログ

eeldogの鰻犬堂日乗(mankendo diary)

日々のよしなきことどもをつづります。 クリックすると写真が大きくなります。

2019-01

今更ながら、windows ムービーメーカーをインストールする。

これまで仕事用に簡便に作ってきたビデオ映像が、そこそこある。
そのなかには部分的に修正して、また使うものもあったりするのだが、お金をかけたくないのと、高度なことはまったくやらないので、windowsおまけのムービーメーカーで作りとばしていた。
先日、また一部修正をしようとして、新しいPCにムービーメーカーをインストールしようとしたら、いつの間にやら、マイクロソフトでは配布終了になっていた。
いろいろ調べると、下記にインストールの仕方など、縷々書かれている。
https://kaoruya.org/blog/moviemaker/
大変参考になりました。ありがとうございます。

さっそく紹介されている通りに英語版をインストールしようとしたら、(書いてある通りに)NGであった。
NET Frameworkを更新するとよいとあったが、手元のPCでは、すでに最新版であった。
自分なりにさらに調べると、どうやら英語版のインストールファイルは、OSも英語版でなければならいようだ。
そこでOSを日本語から英語(米語)に切り替えたところ、見事にインストールされた。
言語の切り替えはここに詳しい。
https://pc-karuma.net/windows-10-change-display-language/

その後、追加した英語版設定を削除しても、ムービーメーカー自体は作動しているので、あまり深く考えずに、これで良しとしている。

どなたかのご参考になれば。
スポンサーサイト

マイケル・ケンナ写真展@東京写真美術館

恵比寿の東京写真美術館で、マイケル・ケンナ展をやっているので、さっそく行ってみた。
https://topmuseum.jp/contents/exhibition/index-3104.html

貧者吾としては、まずは新宿に出てチケット屋で安チケット探す。1,000円のところを650円で入手、ついでに「建築 × 写真 ここのみに在る光」も350円で見つけて、これも行ってみた。

マイケル・ケンナは独特の叙情があって、写真集を買うほどではないが、好きな写真家である。
ほとんどの作品は、一種の「ケンナ節」とでもいうべき、いつもの調子でそれはそれで満足した。
驚いたのは、「Impossible to Forget」という連作で、内容は以下の通り。
「1988年からは約12年の歳月をかけてナチスドイツの強制収容所28ケ所の撮影を敢行、300点のプリントとネガをフランス政府に寄贈し芸術文化シュヴァリエ章を受章しています。今回、特別展示として、この連作「Impossible to Forget」を日本で初めて展覧」したというもの。

通例、写真の展示はプリントの上にさらにガラスなどでカバーしてあるのだが、この作品群は作家の意志により、カバーなしで直接、額に収められている。
例によって人物は写っていない(骸骨や遺髪は写っている)が、まったく知らなかった作品であり、見る価値があると思う。
一方、ヌード写真もあったが、これはまあ俺の趣味ではなかった。というかヌード写真自体に興味がないわけで。

いい写真展だと思います。
人気ブログランキングへ

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

     

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

鰻犬堂

鰻犬堂

FC2Ad