FC2ブログ

eeldogの鰻犬堂日乗(mankendo diary)

日々のよしなきことどもをつづります。 クリックすると写真が大きくなります。

2018-11

レンズをつけるとシャッターの切れないオリンパスPEN-F

オリンパスの名機PEN-F(フィルム用ハーフカメラ、と念のため補足)の有名な不調で、純正レンズをつけるとシャッターが切れないというのがある。
ちなみにレンズを外すと、シャッターは切れる。
原因は、ボディとレンズの絞りとの連動部分の動きが悪かったり、ボディ側のシャッター部分が経年劣化で不調になったりというもの。
しばらく前に、知人からそのような状態のPEN-Fをいただいた。
ちゃんと触るのは初めてで、そのメカメカしさに惚れてしまった。
しかし、ちゃんと使えないのはさびしい。といって素人修理も多少行ったが、根本的には解決しない。
けっこう細かい作業なので、おそらくとどめを刺すだろう。
修理に出すと、たぶんメンテナンス済みのカメラが買えるくらいの金額になるだろう。
なかなか考えてしまう。

ということで、ニコンFマウントレンズアダプターを調達して、PEN-Fボディにニッコールレンズをつけて撮影していた。
撮影結果はさすがに満足のいくものだったが、やっぱり重いし、純正レンズも使いたい。
予め絞りボタンを押すと、絞り連動部分との負荷が減るらしく、純正レンズも絞り5.6くらいからなら使える。
昔のカメラとおなじで、自動絞り以前だと思えば苦にもならぬ(と言えばウソか)。
しかしそれだと標準38ミリレンズの開放F1.8が使えない。

ふと閃いて、レンズをボディにはめるとき、しっかりとカチンという音がするまで=ロックするまで回転させる。
それを途中で停めてみた。つまり、レンズは、はまっているがロックされていない状態で、しかしピント合わせなどはできる。
しかも、そのままシャッターも切れる。
ただし、ピント合わせを普通に行うと、レンズが外れるときがあるので、そろそろとヘリコイドをまわすことが必要だ。
パーマセルテープでも貼っておけばよいか。
ちなみに、絞りの連動をずらしてあるので、自動絞りではなく絞り込みで撮影となります。それでも開放から使えるのはありがたい。

これで撮影テストをしてみようと考えているが、テスト待ちのカメラがほかにもあるのであった。


スポンサーサイト
人気ブログランキングへ

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

     

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

鰻犬堂

鰻犬堂

FC2Ad