FC2ブログ

eeldogの鰻犬堂日乗(mankendo diary)

日々のよしなきことどもをつづります。 クリックすると写真が大きくなります。

2018-10

世田谷美術館 東京スケイプ展

10月21日までの会期で、世田谷美術館で、写真の収蔵作品展として「東京スケイプ Into the City」を開催している。
https://www.setagayaartmuseum.or.jp/exhibition/collection/detail.php?id=col00101

じつは開催しているのを、全く知らなくて、先日慌てていってきた。
作家は、濱谷浩、桑原甲子雄、師岡宏次、高梨豊、荒木経惟、平嶋彰彦、宮本隆司と大好物の人ばかりである。
忘備録を兼ねて、ちょっと書いてみる。
まずは、濱谷浩。好きな作家である。残像潜像なんかも良かったな。今回は、町の職業図鑑という趣であるが、発想的にはアッジェやザンダーにつながるところがあるかもしれない。

桑原甲子雄はサインを持っているのが、ひそかな自慢。写真はおなじみのものであるが、改めて見ると、いろいろ気付く。
226事件の写真は、大きく引き伸ばしても十分耐えられるものであった。画面中央左側の「〇」は、やはり雪か水滴だろうか。
http://digitalmuseum.rekibun.or.jp/app/collection/detail?id=0210009659&sr=%8D%8D%92%AC&sk=%8C%4B%8C%B4+%8D%62%8E%71%97%59

世田谷ボロ市の写真も何度も見ていたのだが、無意識に、自分がかなり真似をして写真を撮っていたのに気づいた。このblogでもボロ市の写真は公開している。

「下谷区上野公園山下」という写真があって、幼い姉妹が都電の停留所で道を渡ろうかと迷っている風情であるが、右背景には日の丸行列がある(盧溝橋事件関係?)が、それよりは姉妹を優先している。なんとなく、桑原の心根が透けるように思えた。
http://digitalmuseum.rekibun.or.jp/app/collection/detail?id=0210009672&sr=%89%BA%92%4A

「渋谷駅前」という写真では、ハチ公像の周りで人待ち顔の人たちが映っている。今みると帽子率が高い。
http://digitalmuseum.rekibun.or.jp/app/collection/detail?id=0210009714&sr=%8F%61%92%4A&sk=%8C%4B%8C%B4+%8D%62%8E%71%97%59

師岡宏次の銀座空襲後のパノラマ写真は初めて見たように思う。銀座のしゃれた写真を撮っていた人だから、さぞつらかったろうと思う。

アラーキーは「さっちんとマー坊」のスクラップブックが展示されていた。大きさはA2くらいか? そこに見開きでA1くらいの写真が貼ってあるわけだが、内容、質、量ともに素晴らしく、天才は最初から天才だったことが分かる。
また、80年代以降の陽子夫人を亡くす前後は、異常なクオリティーを持っていて、見厭きることがない。
チラシにも使われている新宿西口公園の写真、車いすの老夫婦、ベビーカーの若夫婦、少女がたまたま通り過ぎた瞬間らしいが、その瞬間に生老病死を含む人生のすべての面が焼き付けられているように思う。
https://www.setagayaartmuseum.or.jp/exhibition/collection/detail.php?id=col00101
ロバート・フランクのバスの写真(The Americansの表紙)をなんとなく思い出す。
https://www.amazon.co.jp/Americans-Robert-Frank/dp/386521584X

宮本隆司、高梨豊は今回は飛ばすことにして、平嶋彰彦のことを書きたい。
平嶋は、西井一夫との共著「昭和20年東京地図」で見て、初めて知った。いい写真だと思い、この本は正続を買ったが、いかんせん紙質がざらついているため、写真がクリア―ではない。
今回の展示では、モノクロ写真がしっかりしたプリントで見ることができたのは、大きな収穫だった。他に「神田を歩く」という本も入手したが、この人は、あまり本格的な写真集がないよう。個人展もやっているのか、どうか。だから、今回の図録がほしかったのだが、図録は作成しなかったようで、残念だ。
ちなみに、ちょっと調べいたら、早稲田大学写真部のページを見つけた。
https://tomonphoto.com/intro_about/history-2/
ここで早稲田界隈の写真を掲載しているのだが、俺がよく知っていて、写真を何度の撮影したところが多くて、うれしくなった。同じようなところに興味をもっているのかもしれない。
入場料200円というのは、安すぎると思う。

帰りに写真を撮りながら帰ってきたが、なんとなくストリートフォトグラフィー風になってしまった。
我ながら影響受けやすいのう。
スポンサーサイト

instaはクソ写真でOKときいて

仕事でインスタグラムを使うことになって、とりあえず自分のアカウントも作って練習がてら、いろいろと試してみた。
スマホ版とPC版では、どうもできることが違うようで、困ったものです。
PC版だと「開発者ツール」モードにしたりするのだが、一度の投稿で複数写真をアップロードすることができないようだ(というか、よく分からない)。
しかしスマホ版だと簡単だったりする。
インターフェースは統一してほしいものです。

それはそれとして、インスタグラムの写真加工の選択肢を見ると、簡易版フォトショップ風の部分と、フィルターと呼ばれる部分がある。
このフィルターというものだが、年寄りから見ると、いわゆる「失敗した写真」風にわざわざ加工するように見える。
露出不足、露出オーバー、青被り、赤被り、退色等、普通はわざわざ、そんな加工する必要はないと思うのだが、これがノスタルジック(というかフィルムカメラ風)でいいらしい。
一方で、デジカメの隅々までクリアな画像というのも、なんだかくどくて疲れる。きれいに撮れていて良いんだけどね。

ということで?どうやら失敗した写真であっても、フィルターで加工したていで公開すれば、それはそれで通ると考えて、有り余るクソ写真をどんどん公開している。
当然ながらフォロワーは少ない(そりゃそうだろ)。
しかし、行き場のなかった写真の供養にもなると思って、個人的には満足している。

それにしても、フォロワーがついたと思ったら、パーマ屋さんだったり、アパレル関係が多い。なんかそういう営業の仕方があるらしい。
ちょっと迷惑なかんじもする。

なかなかの曲者 Lord Martian

岡谷光学のカメラに、Lordシリーズというのがある。
レンズは、自社製ハイコール40ミリ。F2だったり、F1.8だったり。レンジファインダー、全体のデザインは独特のものがある。
さて、このシリーズの最終型にLord Martianというカメラがある。セレン式露出計、パララックス補正付きレンジファインダー、レンズは40/1.8。
※ビュッカー氏のところから引用。
http://fukucame.fan.coocan.jp/lordmar.htm

ずいぶん前から欲しいと思っていたが、久しぶりに見たネットオークションでたまたま出物があり、競争者もなく入手した。
届いた品物はまあまあ美品。しかしシャッターボタンを押しても、しばらくシャッタが下りない。
しばらく考えていたが、よく見ると、鏡胴裏側にセルフタイマーがあり、それのせいであった。これは自分の観察不足。
露出計はもとより諦めていたのだが、セレンの反応はあって、明るいほうにむけると針が動く。しかし、シャッタースピード、絞り等で連動させようとするが、針がふらふら動いて定まらない。
針が安定する場所があるにはあって、それは外付け露出計の値とほぼ同じであるが、それを確認するためには、やはり本体の露出計だけではだめで、結局使い物にならない。このへんは、古いものだから諦めもつく。

解せないのは、フィルム装填と巻き上げの仕様だ。
このカメラは全体をコンパクトにするため、巻き上げ方式が独特で、パトローネの中軸を巻き上げノブの内側で締め上げて固定し、それで巻き上げ可能となる。その際の向きは反時計回り。
ふつうフィルムを装填するとき、最初の巻き上げのあと、たるみをとるために、少し巻き上げたりする。このカメラでそうすると、パトローネの軸が固定され、フィルムを巻き上げようとすると、空回りし始める。
よく見ると、巻き戻し側が半分固定されて、テンションが掛かっているために、上手く巻き上げられないのであった。これを避けるには、フィルムを装填したら、時計回りに巻き上げノブを数回回してフリーにしておけばよいのだが、これがなかなか分からなくて、フィルムを1本無駄にした。最近フィルムも高いのに。
※ここに詳細が書いてある。四谷三丁目の我楽多屋、いつもお世話になっています。
http://arrow-camera.weblogs.jp/blog/2010/11/lordmartian.html

他にカウンターが7よりも先に動かないというのも分かったが、まあこれは良いとしよう。

結局、まだテスト撮影できていません。

たぶん今度こそ、なんとかなりそう(KONICA PEARL2)

パールが使いたくて、半ジャンク品やら、まるっきりジャンク品やら、並品やらをこれまでいくつか買った。
レンズ白濁というパール3(蛇腹きれい)に、レンズだけはきれいで蛇腹穴ありのパール2をニコイチして、長い旅路も終わりかと思ったら、パール3の巻き上げがおかしくて、コマダブり発生。赤窓式に改造しようと、パール1を見つけて裏蓋を交換しようとしたら、閉じ金具が違っていた。けど、パール1の75/4.5のレンズを入手できたからまあ良しとする。

なかなかパール3の根本的解決策はなくて、パール3の蛇腹をパール2に移植できるような技術もない。だから、あまり考えないようにして、ニコンF2と戯れたりしていた。
久しぶりにカメラ屋のジャンク棚を見たら、パール2があった。レンズは白濁だが清掃で何とかなりそう。蛇腹はそこそこの状態。パール2は赤窓式だが、窓の赤色は薄れていて、ほぼ素通し状態か。
またまたジャンクに手を出すのはためらわれたのだが、やっぱり手を出してみた(何台目?)。
家で精査すると、レンズは清掃してもきれいにならず。よってパール3から移植する。蛇腹をチェックするとピンホールがあったので、パーマセルテープで補修。赤窓は赤マジックで塗りなおし。巻き上げは、不要なフィルムでテストしたが大丈夫そう。
ということで、本式にテスト撮影を開始した。とはいえ、失敗する確率が高いので、いつ買ったかも忘れたFOMAのモノクロ400を入れた。
うまく撮れてくれればいいのだが。
人気ブログランキングへ

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

     

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

鰻犬堂

鰻犬堂

FC2Ad