FC2ブログ

eeldogの鰻犬堂日乗(mankendo diary)

日々のよしなきことどもをつづります。 クリックすると写真が大きくなります。

2018-02

ハム臭い耳と、耳臭いハムと

この話の続きである。http://eeldog.blog12.fc2.com/blog-entry-889.html
ヘッドフォンは、やはり圧迫感があるので、音楽を堪能したいときはエンクロージャーに入ったスピーカーを鳴らし、それを聞きたい。
しかし、しょぼいアンプとスピーカーだと、ある程度の音量を出さないと面白みがないが、町中では無理。
それで、両耳の後ろに手のひらでおわん型を作って聞いてみる。するといい音で聞こえる(気がする。当人比)。
しかし、両手をあげて、ずっと耳の後ろあたりに当てているのは、けっこう手がつかれる。

ということで、先日、子供用のプラ製お椀を買ってきて、半分に切り、壊れたヘッドホンの両端に付けてみた。
こうすれば、手を当てなくても耳の後ろに半円形のドームというか、おわんができる。
しかし、装着すると、どうも感じが違う。プラスチックのせいか、音が変な具合に反響しているようである。
そこで考えた。
手のひらは、肉である。だから自然な音になったのではないか。
であれば、プラのおわんの内側に何か貼ればよい。
まずは、反響を抑えるために、フェルトを貼ってみた。これはエンクロージャー内に吸音材を入れるような発想である。
しかし、音場がデッドになり、あまりよくない。
木が良いのではないかと思って試したが、木材によってだいぶ違うようである。一般に栗材のような硬い木は、反響が強すぎ(しかも加工しにくい)、朴のような柔らかい木はあまり効果が出ない。
やはり、いま一つである。
そこで俺は閃いた。肉による音質を求めるには、肉を以てすべし。しかし、やはり生肉を貼るのは変態すぎて憚られる。また、腐敗による病原菌の繁殖も不安である。
ということで加工肉を使うことにした。具体的にはハムを使うのがよろしい。それほど高価ではないし、薄いので扱いが楽(おわんの内側に貼りやすい)。
欠点は、耳がハム臭くなること。また使用後にもったいないので食べるのだが、少し温まっているのと、耳臭くなっているのが難点である。
以下は、いろいろ試した感想である。参考にされたし。
※なお、近所のスーパーで入手可能なメーカーに限定している。それぞれの地域で購入できるなかから、お好みのものを試すのも楽しかろうと思う。
・伊藤ハム:もともとは関西風のまったりした耳触りであったが、近年の経営統合で、多少の雑味が出てきた。ただし、それも好みか。今後に期待。
・鎌倉ハム:古都にふさわしい落ち着いた音場を期待したが、違和感あり。むしろ本社が日本のmotorcity・デトロイトこと名古屋であるためか、案外ハードロックなど合う。
・日本ハム:予想に反し、北海道の大地を思わせるおおらかな音。野球チームの関係か。マーラーなど合う。
・プリマハム:中庸というか、特徴のないのが特徴か。なんにでも合う。一般向き。
・丸大ハム:音に勢いがあり、わんぱくでもいいが、使用するうちにたくましくなってくる。
・ローマイヤー:どことなくハイカラな音作り。クラッシックなどに向くか。

この件、長岡鉄男亡き後ではあるが、世の識者の意見を乞いたい。
スポンサーサイト
人気ブログランキングへ

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

     

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

鰻犬堂

鰻犬堂

FC2Ad