eeldogの鰻犬堂日乗(mankendo diary)

日々のよしなきことどもをつづります。 クリックすると写真が大きくなります。

2017-10

運慶展

しばらく前から行こうと思っていたが、腰を悪くしたり、親知らず(しかも下)を抜いたりで、気持ちはあれど体が追い付かず、とはいえなんとか行ってみた。
図版の撮影を六田知弘さんが行ったというので、図録を買うのも楽しみである。
夜間開館の日を選んで、17時過ぎに会場に入ったが、なかなかの込み具合。
どうも、今の自分からすると、人間離れした諸神諸仏像(魁偉すぎて怪異に近い気もする)は、なんだかアニメのフィギュア―のようにも見えてしまって、それよりも無著・世親像や八大童子の矜羯羅童子(こんがらどうじ)のような、たしかにこの人は居たのではないか、と思わせるような実在感のあるものに心がひかれた。

ところで、今道友信先生の本で、心破れたときに鎌倉高徳院に行って大仏様の前に立ったら、ある地点で大仏様と視線が合う場所があったというような話があった。
それを思い出して、無著菩薩像の前に立ってみた。
ちなみに無著像は、そのコーナーに入る前から、そこにいるのが分かるくらいの存在感がある。
無著像は正面から見ると多少左を向いている。そのお顔の正面くらいに立ち、視線の行先を探りながら、多少前後に動いてみると、この場所だろうかという地点があるように思えた。
その人の身長によっても違うだろうし、視線の方向のとらえ方によっても違いはあるだろうが、俺の場合は上に書いたような地点があった。
そこに立って、お顔を見ると(仰ぐと)、無著という人(ではなくて菩薩か)のまなざしに耐えられないような気がして、やはり目をそらしてしまう。そんなことを何度か繰り返しているうちに、こちらも慣れてきてじっと対面できるようになってくる。
そうなると今度は「お前はこれからどうしたいのだ」と問われているような気がしてくる。若干、心が苦しくなってくる。
少し右にずれると、今度は口元に少し笑みがあるようにも見えてくる。
こういうふうにしていると、いくら時間があっても足りない。
無著像に対面したと思ったら、自己に向き合うことになってしまったという話でした。
ちなみに世親像とはそこまで対面できなかった。体力・気力不足か。

重源上人も良かったです。
神鹿、子犬像はうちにほしい。
スポンサーサイト

PCのコントールパネルが不調の場合

Windows10でも稀によくあるようだが、PCを管理するコントロールパネルを開こうとしても開かなかったり、開いてもフリーズしたり、ということがある。
仕事場では2社のPCを中心に使っているが、なんとなく一方の会社のノートPCのほうが発生率が高いような気がする。ただし、購入時期の違いによる単なる経年劣化の差なのかもしれない。

コントロールパネルにはシステムのバックアップを作るような重要な機能があるので、メンテナンスをする際に本当に困る。
いろいろな対応策が公開されているが、どうもうまくいかない。
根本的には再インストールがいいのだが、一仕事になる。

で、俺が考えた安直な一時しのぎの方策。
まず、別のPCのコントロールパネルを開き、必要な機能のアイコンからショートカットを作成する。
次にそれをコピーして、問題のPCのデスクトップなどに置く。
そのショートカットをクリックすると、コントロールパネル全体は開かずに、必要な機能(例えば、システムとか管理ツール等)は開くので、作業可能な状態になる。
例えば、以前のシステムに復元したいときには、とりあえずこの方法で何とかなると思う。
どなたかの一助になれば幸いです。

池田学を見にいったら腰が抜けた。

というか、正確にはぎっくり腰になったのだが。

最近は、品川のキヤノンギャラリー「篠山紀信 家」を見に行ったり、なかなか忙しい。
それにしても品川はずいぶん変わったな。昔はだだっ広いだけのうら寂しい貨物基地のような印象があるが、それでも今の港南口の人工的なビル街に比べたらましだったな。

それはさておき、高島屋の池田学展に行った。
だいぶ混んでいるらしいので、17時に会場入り。そのあとは国立博物館の運慶展に行くつもりであった(が、やっぱり無理だった)。
入るとかなりの混雑。細密なので、みんな画面を凝視しているので時間がかかる。
おれは近づいたり離れたりして見たいのであるが、あまりの混雑でそれもなかなかできなかった。空いてきたのは18時半以降。それまでに、めぼしい作品には目をつけておいた。
いくつも心にひっかかる作品があったが、2011年の震災前に描かれた「予兆」では、どうしたものか予言かのように津波に飲み込まれていく人の営みが細密に描かれていた。
よく見ると、南無阿弥陀仏と唱えながら空を飛ぶ仏たちがいたり、十字架上のキリストがいたり、街並みが大波に巻き込まれていてどうしても2011年の震災を思い起こしてしまう。
壊れた旅客機が繰り返し出てきているが、911の残像だろうか。
また「誕生」(これは写真撮影OKとされていた)を見ていると、作者は死と崩壊の果てには、それでも花が咲く―せめて咲かせたい(なんかNHKの歌みたいだが)ということのようだが、花の根元には死があるのだな、などと坂口安吾のようなことも思ったりした。
というような話は、実際に作品を見て、それぞれが自分なりに感じとればいいのであって、本題?はここからだ。

何しろ池田作品は極細のペンで微細に描いているので、全体も見たいがデティールも見たい。
「予兆」などは、左下側の波が起こりつつあるところかじっくり見ていると、何十分かかるかわからない。
しかもその間、中腰だったり、腰をかがめたままである。かなりの混雑だから隣の人に触れないように体もねじったりしている。
そんな風に2時間以上、絵を見ていた。
会場を出たのは19時30分になりそうだったから、上野に移動して運慶展に行っても1時間もないので、こちらはあきらめた。

さて、帰宅して、ちょっと腰を下ろして、体をひねったら、キクっという腰の感触があった。
以前ぎっくり腰をやった時と同じである。さっそく初期対応をして(湿布を貼って)、体を楽にして、しばらく休んだ。
どうも中途半端な姿勢で体を動かさないでいたのが良くなかったのではないか。
池田学の作品は、そのくらい心身に影響を及ぼす力は確かにあると思う。
混雑していない会場で、体をのばしながらゆっくり見たいものだ。
それにしても会期が短すぎるんじゃないか。
人気ブログランキングへ

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

     

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

鰻犬堂

鰻犬堂

FC2Ad