eeldogの鰻犬堂日乗(mankendo diary)

日々のよしなきことどもをつづります。 クリックすると写真が大きくなります。

2017-08

最近見に行ったもの

1.コスモスとは良いものである。
東京ステーションギャラリーの「没後40年 幻の画家 不染鉄展」に行ってきた。
lNHK日曜美術館で紹介していたような記憶があって、なんだか印象に残るものがあり、新宿で安売りチケットを見つけたのもあって見たのだが、予想以上に良いものだった。
印象に残るものが多かったが、そのなかからいくつか挙げると、
・秋色山村
山のふもとの集落を描いたものだが、中心にある銀杏?の巨木に自然と目が向くようになっている。というかこれは曼荼羅ではないか。
中央の銀杏は世界の中心であり、その木は寺の境内にあり、その前景には家々、その間を通って、画面手前から道が伸びている。その道をたどると銀杏の木のある寺に行きつく。その道を左側に進むと山に入っていく。遠景には山並みがあり、全体として円形の構図になっている。木々、家々、山々がそれぞれ仏のようであり、その中心に世界樹である銀杏がある。この銀杏は、あとで出てくる、幹のところにお地蔵さんがある銀杏と同じものではなかろうか。大きな複製画がほしい。
「奈良秋景」にも印象が似ているようにも思う。
・山海図絵
代表作にして今回の目玉だろうか。かなり大きな作品(186×210)で、真ん中に富士山が鎮座し、手前には静岡県の海と町、山野が広がり、富士山の後ろには雪景色があって、どうやらそれは日本海のようである。
これも一種の曼陀羅のようであり、中心の仏の周りに宇宙が広がっている。というか富士山を中心とした宇宙が描かれているという実感がある。
展覧会の副題に「世界(コスモス)を描いた。」とあるが、これはその代表ではなかろうか。
コスモスとはカオスと対になった言葉で、大雑把に説明すると、人が暮らしていくことができる親和的な世界のこと。その反対がカオスで、だから日本語では混沌などと言うのだろう。
人が暮らしていけるということは、ある種の調和があり、人を受け入れる環境があり、そして、そこにいると心地よいだろう。だからコスモスとは単に宇宙、世界などと言うだけでは足りなくて、基本的に人にとって良いものである。それがこの絵にはある。
なにしろ大きい絵なので、1度見ただけでは足りない。
・廃船
不染鉄の作品には、家並みがよく出てくるが、ほとんどの場合、あたたかさや人の営みが感じられる。しかし、この絵の場合は、荒廃した家並みが前景にあり、後ろには巨大は廃船がある。
昭和44年(9174)の作品であり、非常に暗い画面なのは世相を反映したものなのだろう。それ以上に思うのは「廃船=敗戦」という意味ではなかろうか。では何に負けたのか。この巨大な船を見ると、なぜか遠藤賢司の「プンプンプン」を思い出した。この歌は田中角栄が列島改造論で日本を開発しつくそうしているのを歌っていて、詩に出てくる「鉄仮面」とは角栄に代表される金儲けと自分の都合しか考えない亡者たちをさしている。
https://mojim.com/twy113358x1x10.htm
不染の他の作品では調和的世界(コスモス)が描かれているが、この作品では、そのコスモスが破壊されようとしている(鉄仮面たちへの敗戦)ことを嘆いているように思えた。

ほかにたくさん良いものがあるのだが、俺の手ではとても書ききれないので、ここまでとする。夏休み中にもう一度行って来よう。

2.荒木経惟写真展2つ
・恵比寿・東京写真美術館「荒木経惟 センチメンタルな 旅 1971– 2017–」
2017081601.jpg
これは良い。
「センチメンタルな旅」は、最近のプリントだろうか。復刻版「センチメンタルな旅」では、よく見えなかったところまで、きちんと見えて、そうすると陽子夫人の将来に思いがいってしまい、さらにものがなしい気持ちになってくる。
たかが組み写真で、しかも他人の新婚旅行なのに、なぜか一緒にセンチメンタルな旅をしていることに気付く。
「東京は秋」「センチメンタルな旅・冬の旅」「 空景/近景」「愛しのチロ」等繰り返し見た作品が多くて、作品数は多くはないが、とにかくこれは見たほうが良い。

・ 東京オペラシティ「写狂老人A」
これは好きな人だけ行けばいいんじゃないか。その割に高い。
近作中心なのは、アラーキーが元気なのが分かって、それは良いのだが、なんとなくとりとめがない。
見ものは電通時代に作った「八百屋のおじさん」のスクラップブック(複製)を手にとってみられること。
ちょっと思い出したが、大昔にここでヴォルフガング・ティルマンス展を見て微妙な気持ちになった。このときは写真自体は良いのだが、変な違和感があって、ひょっとして、ここって学芸員が勘違いしているんじゃないかという気もする。
まあ、門外漢の戯言ということで。
2017081602.jpg

2017081603.jpg

スポンサーサイト
人気ブログランキングへ

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

     

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

鰻犬堂

鰻犬堂

FC2Ad