eeldogの鰻犬堂日乗(mankendo diary)

日々のよしなきことどもをつづります。 クリックすると写真が大きくなります。

2016-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

windows10へのアップグレード(メモリーを外したら成功の巻)

もうじき無料アップグレード期間も終了だが、もしうまくいかなくて困っている人がいたら。
こういう風にやったら上手くいったという事例です。

会社で使っているwindows7、64bit機は、自作マシン(とはいえ俺が組んだのではない)でメモリーを4M積んでいる。
なぜか、時々青画面が出て俺の顔も青くなる。
スペックを確認したところCPUなど、windows10に適合しているはずであったが何度やっても途中で失敗し、自動的にwindows7にロールバックする。
あるところで、メモリーを外したら成功したとあったので、試したらOKでした。
具体的には、メモリーを0にすると起動すらしないので、1枚刺しにしました。
でも後で、「page fault in non paged area」が出てしまった。

もう時間もあまりありませんが、行き詰ったら試してみてもいいかと思います。
スポンサーサイト

United KingdomではなくてUntied Kingdomとか

ネットゲリラが落ちているようなので、暇つぶしに、雑文でも書いてみる。
(選挙前などは落ちるらしい。そういうもんか?)

さて、イギリス(UK)が国民投票によりEU脱退となるようだ。
離脱派のリーダーが嘘つきで、EU脱退が決まったとたん役職を辞任したりしていて、実際の脱退までは紆余曲折あるだろうが、それはそれでよい。
面白いと思ったのは、先だって独立騒ぎのあったスコットランドがEU残留を望んで、再度独立するような話が出ていることだ。
UKというのは、United Kingdomの略で、グレートブリテン及び北アイルランド連合王国が正式名称であり、内容としては、イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドによる連合であり、イングランド以外も自治政府を持つ。
歴史的にみると、この国が17世紀以来、世界を混乱させてきたことをどうしても考えてしまう。ここ最近の中東問題、イスラム問題も、遡るとイギリスのバルフォア条約やらサイクス・ピコ条約が原因である。このへんに気付いたのは、アンゲロプロスの映画で、イギリスが蛇蝎のごとくに嫌われていることを見て、ようやく分かってきた。
西江雅之先生の話だったかと思うが、アフリカの地図の国境はなぜまっずぐかというと、人がいない地域(実際にいるが)だから欧米諸国が勝手に決めたというのもあるそうだが、対立する複数グループをあえて一つの国にすることで国家が混乱しやすくなることにより、欧米の支配をよりやりやすくするということもあったそうだ。これってむしろ宮内勝典だったかな。
一言でいえば、いまだに英語が国際語であること自体が証拠であろう。
だから、今度はUKがこれまでのつけを払えばいいのではないかと思う。
イギリスがこれまで他国にやってきたように、自国が分裂して混乱するのもいいのではなかろうか。今の若い方には、責任のとりようもない話なので気の毒ではあるが。
で、United KingdomではなくUntied Kingdomになったりすると面白い。

このバンドはUKと名乗っているけれど、ドラムはザッパバンドにいたアメリカ人ww

Tweetはさえずりか、つぶやきか

TwitterというショートメッセージをベースにしたSNSがある。元になっている動詞tweetはOEDによれば、以下の通り。
a. trans. Of a bird: to communicate (something) with a brief high-pitched sound or call, or a series of such sounds. Also in extended use. Freq. with direct speech as object.
(他動詞)鳥に関するもので、短い高い音や連続音で意思伝達するとある。だからTwitterのアイコンは鳥になっている。
他の方もすでにいろいろ書いているが、Twitterは「つぶやき」ではなくて「さえずり」ではないかという話がある。
一般に「つぶやき(呟く)」は、「小さい声で独り言を言う」という意味である。
また「さえずり(さえずる)」は、「小鳥が鳴くこと」「(女子供が)ぺちゃくちゃと、(意味のあまりないことを)しゃべること」という意味である。
tweetの意味からすると、意思伝達の意味が大きいようだ。つまり一人ではなく複数のやり取りが前提となっている。そこで鳥に関係し、また複数でのやり取りが関わるという意味で「さえずる」がどちらかといえばより訳語として該当する。
「つぶやく」というのは、基本的に他者を前提していないので、言葉の趣きがだいぶ違うようだ。
よって一種の誤訳もしくは恣意的な訳ではないかという考えが出てくる。

ここでちょっと考える。
しばらく前からNHKニュースなどでtweetされたコメントを表示することがある。9割はほぼ無用無意味であり、わざわざ口にするほどでもなく、ましてSNSに書き込むようなものでもない。
しかし独り言(つぶやき)であるとすれば、もともと他者に向けた言葉ではないのだから、大した意味がないのは当然であろう。
独り言に対して、基本的にレスポンスはしないのであるが、もしするとすればやはり独り言的なものとなるだろう。
SNSにはSocialという言葉が含まれているが、「つぶやき」という言葉には社会性・socialな意味は感じられない。あるとしたらごく一部の身内、仲間内が対象になるだろう。
ところで一時、Twitter上に自分の悪ふざけを公開して、かえって自分のことを暴き立てられたということが続いた(今もか)。
あれは、発想が内向きだからとか、SNSの原理を知らないからだとか言われているが、名称の問題もあるのではなかろうか。
さえずれば遠くまで聞こえる。しかしつぶやきだったら静かにやれば誰も気づかないはず(原理的に無理だけど)。その辺の勘違いが一因のような気もする。

冬 世田谷ボロ市

2016070401.jpg

2016070402.jpg

2016070403.jpg

2016070404.jpg

2016070405.jpg

2016070406.jpg

2016070407.jpg

2016070408.jpg

2016070409.jpg


人気ブログランキングへ

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

     

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

鰻犬堂

鰻犬堂

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。