eeldogの鰻犬堂日乗(mankendo diary)

日々のよしなきことどもをつづります。 クリックすると写真が大きくなります。

2016-05

浅草~上野 GW頃

2016052801.jpg

2016052802.jpg

2016052803.jpg

2016052804.jpg

2016052805.jpg

2016052806.jpg

2016052807.jpg

2016052808.jpg

2016052809.jpg

2016052810.jpg

2016052811.jpg

2016052812.jpg

2016052813.jpg

2016052814.jpg

2016052815.jpg

2016052816.jpg

2016052817.jpg
スポンサーサイト

カメラ3題(3台ではない)

1.先週、秋葉原に行ったら、まさしくガレージでガレージセールをやっていた。
見ると、どうにもならないようなコンパクトデジカメ(200万画素とか)やら、オリンパストリップ(赤ベロ固着)などが並んでいたが、どうにも手が伸びなかった。
ふと見ると、フードばかりが入った箱が置いてあり、よく見るとCanonのLマウント100/3.5用のフードがなんと200円の値札が付いていた。ヤフオクなのでは3,000円くらいするもの。レンズは持っているのだが、内容からするとこのフード自体にとてもそれだけの価値はないと思い、買っていなかった。
さっそく購入して、家にあるレンズに装着した。あまり使わないレンズだがうれしいものです。しかし、今度はフードしたまま装着できるレンズキャップがほしくなったな…。
こうしたいわけです。↓ ちなみに革製ケースもすでに持っている。
http://arrow-camera.weblogs.jp/blog/2012/06/cap2.html

2.いま、渋谷駅前の東急デパートで中古カメラショーをやっているので、のぞきに行ってみた。コニカⅢA(ケース付き)があって、ちょっと手が伸びたのだが、シャッターが独特のLV(ライトバリュー方式、絞りとスピードが連動して動く)方式で、扱いにくいので、棚に戻した。
露出計付きのコニカⅢMがあって、これはボディ上部に不格好な露出計がついているのだが、このシャッターは、絞りとスピードを独立して動かせるようになっていた。やはりLV方式は思ったより使いにくかったので、やめてしまったのか。
露出計をいじってみると、なんだか外れそうである。すでに露出計の制度も落ちているだろうから、きれいに撤去できれば使いやすそうなカメラである。そう思って、無理な改造をやって壊したカメラが何台あるか忘れたが、ちょっと興味がわいてきた。
こちらのページが分かりやすいです↓
http://matsumo.gozaru.jp/camera/pagef51.htm

3.渋谷の帰りに、四谷のアローカメラに寄った。今日は午後から田中長徳氏のトークショーだったようで、着いたときにはまだ店内には田中氏とファンがカメラを見て雑談していた。
以前、銀座や雑司ヶ谷で田中氏を見かけたときは、わりと恰幅がよいかんじであったが(肥り肉というか)、後ろ姿を見ていたら、思ったより痩せていることに気付いた。やっぱり年をとったのだろうな。クラシックカメラブームのピークは20年前くらいだったか。それを思えば、当然のことだな。そのぶん、俺も白髪が増えたし。
さて田中氏は、国産のレンジファイダー機(レンズは40~50ミリ)をいろいろと手に取っていた。たしかにある年代のカメラは、金属製でほれぼれするようなフォルムで、しかも写りも良い。のであるが、けっこう重くて、レンズ交換ができないため、別のカメラも持つので、結局かなりの重量になって、長く歩くとなかなか疲れる。このへんも年を感じるところではある。
人気ブログランキングへ

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

     

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

鰻犬堂

鰻犬堂

FC2Ad