eeldogの鰻犬堂日乗(mankendo diary)

日々のよしなきことどもをつづります。 クリックすると写真が大きくなります。

2015-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹橋、国立近代美術館「No Museum, No Life? これからの美術館事典」展

なかなか力が入っていて、良いものでした。
http://www.momat.go.jp/am/exhibition/no-museum-no-life/
午後2時には入ったのだけれど、同時に開催していた「事物-1970年代の日本の写真と美術を考えるキーワード」「MOMAT コレクション 特集: 誰がためにたたかう?」まで見ていたら、終館時間ぎりぎりになってしまった。
どの企画も関連付けられているので、すべて見ないとおさまらない。
半日では時間が足りないくらいの内容があります。

撮影OKの作品があるのでいくつか撮りました。

2015082801.jpg ダン・フレイヴィン《無題(親愛なるマーゴ)》

2015082802.jpg 両脇は藤田嗣治の作品

2015082803.jpg 
You 【あなた】の項目には鏡が置いてあった。


気に入った作品。http://www.momat.go.jp/am/no-museum-no-life_list/
B-5 オノレ・ドーミエ 「観劇」
B-9 アラヤー・ラートチャムルーンスック 「ミレーの《落ち穂拾い》とタイの農民たち」(video)
E-44 ウジェーニュ・アジェ 「マネキン」 E-45も
L-2 ルノワール「木かげ」
L-3 モネ「ウォータールー橋、ロンドン」
L-5 ダン・フレイヴィン「無題(親愛なるマーゴ)」
N-9 甲斐庄楠音「毛抜」
P-5 作者不詳「女性偶像(キュクラデス彫刻)」ギリシャ紀元前2500-2000年頃
P-12 梅原龍三郎「瑠璃子像」
S-1 藤田嗣治「パリ風景」
T-6 ゴードン・マッタ=クラーク「切り裂き Splitting」(video)

MOMAT コレクション 特集: 誰がためにたたかう?より3階「炎の神話」
Chim↑Pom《REAL TIMES》(video)



2015082804.jpg 4階の眺めの良い部屋

2015082805.jpg 外に出たら暗くなっていた。



神保町を通って帰宅。
2015082806.jpg
大泉滉の父の大泉黒石。やはりよく似ている。

2015082807.jpg
ジョンが寄ったらしい眼鏡屋。もう20年くらい、このディスプレイのはず。

と思っていたが、真相は以下のとおりであった。
(以下引用)
「(神保町の)三鈴眼鏡店」のウインドーには、ジョン・レノンモデルの丸眼鏡がずらっと並んでいます。
そして、ジョン・レノンの写真や彼が描いた絵が飾られ、さながらジョン・レノン・ミニミニミュージアムのようです。
レノンモデルの丸眼鏡の販売は、オノヨーコさんの許可を取っているそうです。
この眼鏡店で丸眼鏡を造るレノンファンが多いようです。
元々はジョン・レノンがかけていた丸眼鏡は上野の「白山眼鏡店」のオリジナルフレームです。
(引用終わり)
http://blogs.yahoo.co.jp/julywind727/19312569.html
スポンサーサイト

KONIRAPID-Sの開け方

コニカ2B、ジャンク品を入手して手入れをしていたら、だいぶ良い状態になってきた。
レンズもきれいになり、シャッター、絞りも快調。距離計もあっているようだ。

実は、以前コニカ2を入手してテスト撮影したら、レンズの拭き傷の影響で実用には耐えないと判断した。
しかしそれ以外は問題ないので(むしろ快調)、状態の良いレンズを探してニコイチするつもりで買ってきたのだった。
しかし、よくよく見ると、コニカ2は「ヘキサノン」レンズ、2Bは「ヘキサー」レンズで、たしかにレンズ前群はそれぞれ入れ替え可能であるが、構成が違っているので、使えないことに気付いた。

それで改めてコニカ2Bをまじめに手入れしていたのだった。
しかし、シャッターのスピードリングがどうも固い。固着はしていないがまわすと指先が痛くなる。
1/500は昔のシャッターの場合、1/250以下とは機構が違うので固いのは分かっているが、1/250~bulbまでシャッタースピードをいじろうとすると、ひどく難儀する。
このままでは沈胴のレンズ鏡胴まで歪めてしまいそうである。
なので、ネットで情報を調べて、シャッター部の調整をすることにした。

さて、いろいろなページを見ていると、シャッターのフロントパネルを開けたところから写真がついている。
ということは、この部分の取り外しは簡単なのだろう、と思った。
見ると、豚の鼻のようなカニ目ネジがある。これをまわせば外れるだろう、と思ったが、そうはならない。
カニ目をまわしてもぜんぜんネジはゆるくならない。
ではどうやって外すのか。このへんは分かっている人には説明不要で記述はなく、分からない人には手が出ないのでやはり記述はない。
30分ほどかけてやっと分かったので、それを以下に記していきます。
ここでつまづいている人がいたら参考にしてください。

まず、レンズ前群を外す。これはネジ止めされているだけなので、すぐ外れる。
次にカニ目ネジを回す。このネジをよく見ると、円形ではなくて、一部が直線になっている(半円というほどではない)。
このネジは、円弧の部分がその内側のパーツの凹みにはまっているはずなので、カニ目ネジを少し回して、直線部が内側のパーツに重なるようにする。
※なお、凹みは小さいのが1箇所(カニ目)、大きいのが2箇所ある。
そうすると、KONIRAPID-Sと書かれた銘板が少し動く。
また、その下のギザギザのついたシャッタースピード調整リングも動く。
このリングを少し持ち上げながら、凹みにはまるところまで少しずつ動かすと、ある時点でパカリと外れます。
このとき焦って他のパーツに触ったりすると厄介なので、ゆっくりと慎重にやってください。
このあとについては、ネット上に潤沢に情報があるので、そちらをどうぞ。

さて、今回はシャッターリングの動きが固いだけなので、清掃のみとする。
まずパーツを外して、ベンジンと綿棒でふき取ったら、真っ黒な汚れがついてきた。
これをきれいにして、そのあとちょっと注油したところ、だいぶましになった。
これ以上深追いすると、かえって再起不能にしがちなので、ここで引き返した。

ケースとフードも準備してあるので、試写が楽しみです。

Canon Demiのシャッタースピードと絞りの組み合わせ

しばらく前に買ったCanon Demi、やっとテスト撮影を始めてみた。
http://eeldog.blog12.fc2.com/blog-entry-826.html

初回の撮影では、二つの問題が見つかった。
一つはレンズに光が当たると、かなり激しくフレアが発生すること。これにはレンズフードで対策することにした(後述)。
二つ目は、露出計とプログラムシャッター(シャッター値と絞りがあらかじめ組み合わされている)の問題。
概ね露出計どおりできれいに写っているが、晴天時は露出オーバーだった。
さて、プログラムシャッターの設定はどうだろうか。
絞り値は明示されているので、シャッタースピードが分かればよい。とはいえ計測器はない。
スペック表を見ると、シャッターは1/30~1/250、絞り値はF2.8~F22であるから、シャッター音の違いを聞きながら組み合わせを考えると、
F22、1/250(確定)
F16、?
F11、1/125(ほぼ確定)
F8、?
F5.6、1/60?
F4、?
F2.8、1/30(確定)と見当をつけた。

2回目の撮影では、晴天時は絞り11で1/125の想定で撮影したところ、ちょうど良かった。
しかし自作フードの効果は抜群だったが、フードが深すぎて画面四隅がだいぶケラれたので、改めて作り直した。

さて公式のスペック表にはプログラムの設定について触れられていないので、いろいろと調べていたら、この資料があった。
http://www.rangefinderforum.com/forums/archive/index.php/t-87538.html
f/2.8 1/30
f/4 1/45
f/5.6 1/60
f/8 1/90
f/11 1/125
f/16 1/190
f/22 1/250
絞り値とシャッタースピードを掛け算すると、ほぼ一定の値になった。
0.093
0.088
0.093
0.088
0.088
0.084
0.088
ということは、ほぼこの組み合わせで確からしい。

Demiのレンズは予想以上に良いらしく、遠景~近景まできれいに写っている。
露出が意図どおりにコントロールできれば、もっと楽しめそうだ。

モミー@NHK、音なしの構え

NHKのモミー(籾井勝人)会長といえば、安倍総理のお仲間で、およそメディアに関わる人間とも思われぬ噴飯ものの発言で自局以外のマスコミをもにぎわせた。
曰く「総理と考えが違う内容の放送をするのはいかがなものか(大意)」。

NHKも再び大政翼賛会の一翼を担うのかと思っていたら、ここのところ反戦的な内容、というよりは平和希求的内容の番組をバンバン放映している。
こうゆうのモミー会長は、どう思っているんだろうね。
安倍さんの支持率が急落してきたので、おとなしくなってきたのだろうか。
それならば、苦境の友を助けないという卑劣漢であろう。
メディア関係者としての自覚もなく、友も助けないというなら、なんなのこの人。

晩節を汚さぬうちに辞任するのがよろしかろう。
ぼやぼやしているとオリンピックの逆流にまきこまれて、苦しむことになるぞよww

続きを読む »

猛暑と電力供給

今年は、そうとうの猛暑だから、エアコン向けの電力供給量もたいへんな量だろう。電力供給のピークは、かつては甲子園の決勝大会の日といわれていたが、それは俗説だったそうだ。

さて、震災以来、原発が停まったから電力が足りないといわれていたが、この猛暑でも以前のようなピークシフトの励行やら、省電力のお願いのニュースはほとんどない。
ところで、この夏、東電管内で稼動している原発は、一つもない(現時点で稼動できそうな柏崎刈羽原子力発電所は定期点検中)。
つまり原発がなくても電量は足りているようだ。
もちろん他の電力会社からの融通などいろいろやってはいるのだろうが、最初からそうすれば良かったのだ。ピーク時にあわせて発電所を作るよりもよほど安上がりで合理的でもある。

ということは、きちんとやっていれば原発など不要ではなかったか。
今、電気料金が高いというが、試算はしていないが原発建設費がなければ少しはちがうのではないか。また円安誘導する政策をとっている以上、燃料費が高くつくので電気料金が高くなるのは当然である。
というか原油価格低迷のため値下げしてましたね。

どうも世間的にも原発利権は先細りと見切りをつけた人たちが、当座の狙いをつけたのがオリンピックだったように見えるが、これも雲行きが怪しくなってきた。
舛添知事は、早めにオリンピックを返上すれば名知事として歴史に名を残せると思うよ。
人気ブログランキングへ

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

     

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

鰻犬堂

鰻犬堂

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。