FC2ブログ

eeldogの鰻犬堂日乗(mankendo diary)

日々のよしなきことどもをつづります。 クリックすると写真が大きくなります。

2013-07

太平洋の黒潮と親潮がぶつかるあたり

さきほど昼のニューを見ていたら、全国的に天気が不安定で東北福島県浜通りの浪江町津島も1時間32ミリあたり豪雨となっていると言っていた。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130726/k10013308941000.html(一部引用)
宮城県の丸森町筆甫では正午前までの1時間に86ミリの猛烈な雨が降ったほか、大分県の大分空港では正午までの1時間に69.5ミリの非常に激しい雨が降り、ともに統計を取り始めてから最も多い雨量を観測しました。
また、午後0時半までの1時間には福島県浪江町の津島で32ミリ、仙台市でも27ミリの雨が降っています。
(引用終わり)

ここは、震災の後、浪江町の海沿いの住民が避難してきたが、皮肉にも原発事故の放射性物質がその避難民に大量に降り注いだ場所である。つまり、放射性物質がこの近辺に大量に残っているだろうと思われる。
手抜きの除染が横行しているし、そもそも除染しても、しばらくするとまた数値が上がることが繰り返されている。

このあたりに大量の降雨があるということは、阿武隈山地をふくむ浜通り一帯に雨が降り注ぎ、放射性物資とともに太平洋に流れ込んでいるのだろう。
地上はある意味、除染が進むわけだが、そのつけは太平洋に支払わせることになる。
また、福一原発の高濃度汚染水がすでに海に流れ込んでいるにもかかわらず、東電はたいした方策を採らない。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2013071002000248.html
さらに、原子力規制委員会の田中俊一委員長は、低濃度の放射性物質汚染水を太平尿に放出したいと言い出している。
http://www.excite.co.jp/News/science/20130724/Kyodo_BR_MN2013072401001721.html

海は広いな大きいなといっても、希釈能力には限界があるし、均一に拡散するわけではなく高濃度になるところも出てくる。有害物質を海に流し込んで良いわけはない。それは水俣病でチッソが水銀を垂れ流しにしたことからも分かっている。

このあたり、タイトルのように、親潮と黒潮がぶつかる、世界でも有数の漁場であったそうだが(地元だがそんなことも知らずに魚を食べていた)、もうここで漁業を続けるのは難しいのではないかとも思っている。とてもとても残念です。



続きを読む »

スポンサーサイト
人気ブログランキングへ

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

     

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

鰻犬堂

鰻犬堂

FC2Ad