FC2ブログ

eeldogの鰻犬堂日乗(mankendo diary)

日々のよしなきことどもをつづります。 クリックすると写真が大きくなります。

2012-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「相馬弁研究所」復活の烽火(実は神旗争奪戦の花火)あがる

相馬弁研究所というサイトがあって、ばかっぽいふりしながら、ずいぶんおもしろいこと書いている。昨年3月11日以来、一度だけ更新があって、しかしそれもすぐ消されて、ずっと更新されなかった。
しかし、先日「更新テスト」という書き込みがあったので、さっそく俺もコメント残した。
ところで、この本文をみると「テスト、テスト、只今更新テスト中」とあるが、これは「交信テスト」と「更新テスト」の洒落かと思うが、いかがなものか。
主催者の影武者所長は昨年3月以来どうやら相馬にいたらしく、また公の仕事に携わる立場らしくどのようにすごしていたか、気にかかる。

このサイトのなかで「調査・研究・考察・仮説」というコーナーがあり、そのなかに「新相馬節における♪ナンダコ~ラヨ~ト」という秀逸な記事がある。昨年以来東京に逃げてきたうちの母が認知症もあって、なんで東京にいなければならないのか、何度説明してもすぐ忘れる。そのとき母が「遥かかなたは 相馬の空かヨ」と歌っていて、涙がこぼれた。そのときこの記事を思い出した。


ともあれ、まずは本格復帰を待ってますが、以前のように面白おかしく書き進めるのも難しかろう。とはいいながら必要以上に深刻になるのもどうかと思う。状況はすでに十分深刻になっているのだから。
さしあたっては、所長は相馬にしばらくいたらしいので、小高と相馬の文化的な微妙な違いなんぞから始めたら面白かろうと思う。たぶん小高のほうが本家という意識があると思うので、その本家意識をぷんぷんさせた鼻持ちならぬ面白記事を期待します。
スポンサーサイト
人気ブログランキングへ

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

     

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

鰻犬堂

鰻犬堂

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。