FC2ブログ

eeldogの鰻犬堂日乗(mankendo diary)

日々のよしなきことどもをつづります。 クリックすると写真が大きくなります。

2010-11

渋谷-恵比寿

101120-1.jpg 外苑前(このときはまだ葉が付いていなかった)

101120-2.jpg 渋谷川

101120-3.jpg

101120-4.jpg

101120-5.jpg

101120-6.jpg

101120-7.jpg 恵比寿駅前

101120-8.jpg 東京写真美術館の向かいの建物
スポンサーサイト

経済学ではなく、経世済民学を。哲学ではなく希哲学を。

Economyの翻訳語としての「経済学」という言葉は、どうやら明治時代に定着したらしい。また、philosophyの訳語の「哲学」は西周が「希哲学」、つまり「哲」を「希求」学と翻訳したところを、長すぎるので「哲学」となったようだ。
既に定着した言葉であるし、それはそれでいいようなものの、なんだか大事なところをとり落としているようにも思える。

希哲学から、「希」がとれて「哲学」になると「哲人」に関する学問というようにも見えてくる。それで、むしろ「哲」を「希求」しない=sophy(知・智・哲)をphilo(愛)しないで、古今の哲学者についての学問=哲学史を学ぶような意味合いが強いようにも思える。でも、哲学史は大事だが、やはり知識でしかなくて、ソクラテスが対話していたときのような「知」への憧れとは、似て非なるものではないかと思う。

同様に(と、つないでいいのかわからんが)、経済学といってしまうと、世を治めるという「経世」と、民を済(救)う「済民」の意味がどこかに行ってしまうように思える。だから、バブルとかマネーとか(いずれも横文字)で、一般人が迷惑するんだな。

言葉は一人歩きするものらしいので、常に原義に戻る必要があるだろう。なんでかというと、深く考える時には言葉で考えるわけだが、その言葉の表わすところが正確ではないと、考えもきちんとしたものにはならんだろう、と少々自戒もしながら考えてみた。

G20参加国の総人口と中国国内人口

先日G20というのが開催されて、中国に対して貿易黒字と元の通貨安を何とかしろというような話が出たようだが、中国は基本的に聞く気はあんまりないだろうな。

というのは、参加国の人口を考えれば、どうしてもそうなる(とか、言いきってますがw)。

参加国は以下の20国・地域。
アメリカ合衆国、アルゼンチン、イギリス、イタリア、インド、インドネシア、オーストラリア、カナダ、韓国、サウジアラビア、トルコ、中国、ドイツ、日本、ブラジル、フランス、南アフリカ共和国、メキシコ、欧州連合、ロシア

この中で、最大人口を持つのはもちろん中国で13億5千万人。G20全体では、計算の仕方にもよるが31億ぐらいだったと思う。この31億から仲の悪いといわれるインド(12億ぐらい)と、自国の人口を引くと、5.5億人しかいない。インドのいうことは最初から聞く気がないとすると、やはり5.5億の他国民よりは、13.5億の自国民のことを考えるだろう。
外交とはそういうもんではない、という考えもありましょうが、しかし、正直なところ、こんな考えのほうが現実的に思える。
人気ブログランキングへ

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

     

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

鰻犬堂

鰻犬堂

FC2Ad