FC2ブログ

eeldogの鰻犬堂日乗(mankendo diary)

日々のよしなきことどもをつづります。 クリックすると写真が大きくなります。

2010-02

最近の写真

100221-01

100221-02

100221-03
3番目の写真はフォクトレンダーのvitomatic、ウルトロン50/2.0で撮影したものですが、なんだか独特の発色でした(この画面ではわからないと思いますが)。
スポンサーサイト



鹿島茂氏のデパート論

手元に記事がないのだが、2/11?の鹿島茂氏のデパート衰退の原因論は面白かった。というか、よくあの手のことを書いていたとは思う。

さて、たしかにデパートの美術館が一斉になくなった時期があった。西武池袋なんて、イメージ勝負だったのに、あとでボディ・ブローのように効いてきたのではないか。最後の展覧会は、アルバー・アアルトだったような記憶がある。で、美術館わきの道路の見える喫茶室でコーヒーを飲んだりするのが、田舎から来た貧乏学生の自分には、たいへんいい気持であった。

デパートには、「ちょっといいもの」で、「頑張れば買えるもの」があるのが魅力だったが、バブル以降か、「とても良いもので、とても高いものばかり」になったので、足が遠のいた。それでも、面白い催し物があれば足を向けるが、それもないと行く理由はないな。
まぁ、デパートは自業自得ということです。実際、有名ブランドにテナントを貸しているだけで、あれは一種の不動産賃貸業ではないかと。
といって、他の店に魅力があるかというと、そうではないのがつらいところ。

中流の市民が、たまに贅沢するような、そんなお店がほしいですな。そうしないと、お金が動きません。

フードつきの服はECOクゾク

フードつきの服というのがあるが、あのフード、実際にはどのくらい使われているのだろうか。おそらくそれほど寒くない土地柄の場合、日常的にはほとんど使われてないだろう。強いて言えば、防犯カメラに顔を写されたくない人くらいか。

あのフードの分の生地を節約すれば、どれほど地球環境の保全に役立つだろう。
概算では、10着分のフードで、フードなしの服を1着作れるという(当研究所調べ)。
よって、フードつきの服を必要もなく着るものは、ecoに関する国賊、つまりECOクゾク(pat.pend)として、街角でつるしあげられるべきである。
そろそろ愛国婦人会ならぬエコクフジンカイの発足が待たれる。

アグネスちゃんが真に受けたりしてw。
※アグネス・チャン・さんのことではありません。

コニカFT-1 お買い上げ

なんか目がしばしばしますが、花粉ですかね。
以前はそういうことはなかったのだが、年をとったせいか、そういう反応が出るようになってきた。

さて、松屋銀座の中古カメラショーをひやかしに行きまして、とくに買い物をする気はなかったのですが(軍資金もないし)、とある店で、コニカFT-1+50/1.4(カビ玉)を現状ままで12,600円というのを見つけました。
その時、ちょうどFC-1に50/1.4をつけていたので、レンズなしでお願いできないか交渉して、ボディのみ10,500円にしてもらいまして、ぶじご購入のあかつきを迎えましたってか。お店の方、わがまま言って、すみませんでした。
さて、このボディ、連続巻き上げの切り替えスイッチがバカになっている以外、とりたてて問題ないようです。
どうせ、連射なんてしないし、全く問題なし。ファインダーをのぞいたら、FC-1よりクリアでびっくりした。もっともFS-1、FC-1、FT-1とファインダー周りはそれほど変わっていないらしいので、FC-1は経年劣化だろうと思う。

それにしても質感いいです。貧乏なのでなかなか買えなかったが、以前からほしいと思っていたものなのでうれしい。
AEロックはありがたいが、少々クセがあるようで、35-70/3.5のズームをつけてAEロックを使ったら、F2というファインダー表示が出た。おそらく、設定のシャッタースピードでは、それだけの明るさが必要ということで、2段アンダーになるという意味だと思うが、まだちょっとよくわからない。

これからテスト撮影です。

続きを読む »

人気ブログランキングへ

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

     

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

鰻犬堂

鰻犬堂